いじりがいのあるのフォルムとディテールですね。

2019年10月23日、第46回 東京モーターショー2019にてワールド・プレミアとなったレヴォーグ・コンセプト。
2020年の年末には、このコンセプトカーをベースとした2代目レヴォーグが登場予定となっています。

スバル・レヴォーグ・コンセプト 第46回 東京モーターショー2019

そこで編集部が訊いてみたのが、レガシィ時代から連綿とエアロを開発している、K2ギア平山さん。
そのフェンダーやバルジなど、エアロ製作時のキータームを拾いつつ、新型はどんなパーツを開発したいのか、そんなところを聞いてみました。

この記事では、次期レヴォーグが、このレヴォーグ・コンセプトそのままか、非常に近いデザインで登場してくるという前提で、お話をしています。

レヴォーグ・コンセプトどうですか?

さわりたい(いじりたい)ココロをくすぐります

かっこ良い、かっこ悪いは人によるので、ざっくり言ってイジリがいがあります。
さわりたい(いじりたい)ココロをくすぐりますね。

そして、フルエアロが作りたいですね。
バンパーとグリルは一体でも作れそうですが、ここはコダワリでグリル分割タイプを想定しています。

K2といえばのダブルスリット・ワイドフェンダーは?

最初見たときは、あちゃーどうするんかいなと

「現地で妄想エアロ。スバル・レヴォーグ・コンセプト × K2 ギア|コダワリのフェンダーラインにダブルスリットを入れ込めるのか!?【東京モーターショー2019】」の1枚めの画像レヴォーグ・プロトタイプ

ダブルスリット・ワイドフェンダーももちろん作りたいです。
最初に見たときは、ダブルスリットを入れる余地があるのか悩ましいデザインだなと思いましたが、まあまあ見えてきました。
サイドから見たときもきっちりスリットがダブルで見えるレイアウトができると思います。

フェンダーのタイヤとツラになる部分の幅が広くなりましたね。
じつはレヴォーグとWRX系でも幅が違ったんですが、今回さらに幅広なカンジに見えますね。
ここは細いほうがシュッとするんで、全体を見ながら手を入れていくかもしれません。

ボンネット・エアバルジが大きくなりました

エアバルジのダクト開口部を電動で動かすコトも

「現地で妄想エアロ。スバル・レヴォーグ・コンセプト × K2 ギア|コダワリのフェンダーラインにダブルスリットを入れ込めるのか!?【東京モーターショー2019】」の1枚めの画像レヴォーグ・プロトタイプのインテーク

それとボンネットダクト周りのデザインが変わりました。

エアバルジの別パーツ部分が大きくなっているので、そのあたりのアレンジがいろいろできそうです。
開口部自体のサイズを変更するのもありだろうし、場合によってはシャッターの開け閉めができるようなギミックがあってもいいかなと思ってます。

メッキのウインドウモールも全部つきました

ドアミラーもやっと他社さんに追いついたかな

「現地で妄想エアロ。スバル・レヴォーグ・コンセプト × K2 ギア|コダワリのフェンダーラインにダブルスリットを入れ込めるのか!?【東京モーターショー2019】」の1枚めの画像レヴォーグ・プロトタイプのフロント

今回は初代のときに製作したクォーターウィンドウのウィンドモールも、標準装備です。
まあ、そのほか、ドアミラーもフェンダーミラーがドアから生えているみたいなデザインから、羽のように水平のアームが伸びたタイプに変わったんで、やっと追いついたカンジです。
STIさんから、発売と同時にリップが出てくるんでしょうから、そのあたりはまあついてる前提で。

来年の年末となると、東京オリンピック・パラリンピックも終わってからってことですから、実車が手元に来るまではまだしばらくあるので、いろいろ想像しながら、準備していきます。
お楽しみに。

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ_古川教夫]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「現地で妄想エアロ。スバル・レヴォーグ・コンセプト × K2 ギア|コダワリのフェンダーラインにダブルスリットを入れ込めるのか!?【東京モーターショー2019】