前回に引き続きにKUHL片岡社長によるオールインチューニング2019の見どころチェックの【その2】になります。
改めまして、オールインチューニング2019とは10月18日から20日まで、中国の広東省にある東莞(トンガン)で開催されたカスタムカーショーです。中国版の東京オートサロンのようなものですね。

そこで日本のカスタムメーカーであるKUHLの片岡社長が中国のカスタム事情をチェックしてまわるというわけです。
前回の【その1】では、開始早々に中国のカスタムレベルの高さを見せつけらたところですが、まだまだそんなもんじゃありません。

やっぱりシビックのカスタムは大人気です。とにかくシビックは会場内に展示されているだけでもたくさんありますが、会場外の一般車でもシビックをカスタムしているクルマが多いです。

片岡社長が目をつけたのがコチラ

片岡社長
「ツライチのセッティングはもう申し分ないほど完璧です。それよりもこのホイールがすごいですね!日本でもハートをモチーフにしたホイールはたくさんありますが、中国でも人気なんでしょうかね?」

フラフラと歩いていたら、なにやら見たことのないクルマの前で足をとめています。

片岡社長
「これたぶんEVですね(あってます)。中国は世界的にみてもEV先進国なので、見たことのないクルマがたくさんあります。カッコいいですよね。エアロとかホイールだけではなく、このようにボディ全体をデザインもやってみたいですね」



こちらはQiantu K50というクルマで、なんとシステム最高出力435馬力も誇るスポーツカーなんです。0-100km/h加速は4.6秒で、航続可能距離は380kmとされています。

片岡社長がつぎに目をつけたのは日産パトロールです。じつはKUHLでは中東向けにパトロールのエアロなど、カスタムを手掛けています。こちらのブースではエンジンチューニングをメインとして展示されていました。

片岡社長
「パトロールのエンジンにはV8とV6の2種類ありますが、こちらはV6のほうですね。V8は直噴なのでチューニングは難しいですが、V6だとこのようにスーパーチャージャーなどで楽しめます。中国でもこのようなハードチューンが人気なんですね!」



最後にすごい86を発見しました。86といえばKUHLです。KUHLといえば86なんです。じつはKUHLのはじまりは86のコンプリートカーからなんですね。なので片岡社長の86に対する想いは人一倍強いはずです。

片岡社長
「これ……V8エンジンだね(笑)。もはやなんのエンジンなのかわからないけど、すごいですね。KUHLでもターボやスーパーチャージャーを使ったチューニングメニューはやっていますが、これは見たことがないです。いったい何馬力くらいでてるんでしょうね」

片岡社長
「オーバーフェンダーもすごいことになっています!ビス留めやスムージングではなく、もはや浮いていますよ。フローティングオーバーフェンダーですね(笑)。そしてタイヤはそこからさらにはみ出しています。さきほどブースの人に話を聞いたらドリフト用の車両らしいので、それで限りなくフロントをワイドにしているんですね」

片岡社長
「ラジエターは後方に移設されていました。ちょうどリアウインドウの下あたりに設置されていますが、ここは空気を取り込めるんでしょうかね?機能性はどれほどあるかわかりませんが、その発想力がすごいですね。中国のドリ車おそるべしです」

いかがでしたでしょうか?ほかにもたくさんのデモカーが展示されていましたが、これだけみても中国のカスタムやチューニングがいかに熱く盛り上がっているか感じていただけたのではないでしょうか。中国では自国の自動車メーカーが大小あわせて50社あるとか100社あるとか言われています。たしかに街なかでは中国製自動車がたくさん走っています。

しかし、カスタムやチューニングとなるとほぼ日本車が中心なんですね。アメリカでJDMが流行っているように、中国でもこれからどんどん日本車の人気が高まっていくことに期待したいと思います!

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「KUHLの片岡社長が案内!中国のオールインチューニング2019をチェックしてみた【その2】