カーシェアリング時代にスマートで便利な新提案

ALPSALPINE/アルプスアルパイン

TMS2019 西4ホール
TMS2019 東京モーターショー アルプス アルパイン
今年1月の経営統合後、アルプスアルパインとしては初出展となる東京モーターショー2019。

同社の情報機器で培ってきた技術を活かした「Seamless Smart Mobility Solution」をコンセプトとしたコクピットを展示している。

近い将来のカーシェアリングを見据えてのもので、スマートフォンアプリを活用したレストランやホテルといった様々なサービスとの連携、特にパーソナライズ化された情報を元に、個々に最適なプランを提案。

またシェアカーのキーをブロックチェーンを活用してセキュリティ上安全にスマートフォンへ送信する、デジタルキーの開発を進めているという。さらに自動運転を見据えた技術も開発中だそうだ。

ブースでは、乗車前から降車後まで、それぞれのシーンにおいて提案する技術をデモンストレーション。
乗車前にスマホをキーとして使う「スマートアクセス」。出発前に決めた目的地をシェアカーにダウンロードし、最適なルートや立ち寄り先を自動提案する「レコメンドエンジン」。アルプス電気とアルパインの統合により、進化した「プレミアムHMI(ヒューマン-マシンインターフェイス)」。自動運転中の車内にくつろぎを与える「ドライバーモニタリング」。目的地に到着したら降車後の徒歩ルートを表示し、車内カメラで忘れ物を検知するなどの「降車サポート」という5つのシーンが紹介されている。

また、現在大人気のリフトアップスピーカーや、間もなく発表予定のハイレゾ対応のサウンドの試聴、さらにはヘッドレストに埋め込むタイプのスピーカー、小型アンプ等が展示されていた。

ALPS ALPINE
https://www.alps.com/j/

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_FUMIAKI AKAMINE]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「アルプスアルパインが提案する未来【東京モーターショー2019】「シームレススマートモビリティソリューション」ってなに?