日本導入も検討中! スイス発2人乗りの超小型EV

Microlino/マイクロリノー

TMS2019 青海展示棟Bホール
マイクロリノー Microlino ev 超小型 ラストワンマイル
今年の東京モーターショーでは、都市部でのラストワンマイル(最寄りの駅やバス停から最終目的地までの移動距離)の移動や観光やリゾート滞在中の外出用を想定した超小型EVが目立つ。

このかわいらしいフォルムの「マイクロリノー」もそんな気になる超小型EVの1台だ。マイクロリノーは、スイスのマイクロモビリティという会社が手掛けたEV。おにぎりのような愛くるしいフォルムは、イタリアのイソ社が1950年代に生産していた「イセッタ」を彷彿とさせる。

全長わずか2400ミリで全幅も1500ミリ。駐車場は横向きに置けそうだし、ハイエースワイドならラゲッジに収納できてしまいそうなコンパクトなサイズだ。

車内は2人乗りで、スイッチ類は最低限だけのシンプルな作り。ベンチシートだったが、乗ってみると思ったよりも狭さは気にならない。ルーフにはキャンバス地のサンルーフが備わり、晴れた日にルーフを開けて走るのはさぞかし気持ちよさそうだ。

通常のソケットで約4時間で充電でき、走行距離は125km。通常8kWhのバッテリーをオプションで14.4kWhに変更すれば200kmまで走れる。最高速度は90km/hと、街中で乗るには十分な性能だ。

まずはヨーロッパが主要な市場であり、2020年に販売開始を予定。日本への導入も視野に入れており、2021年の販売を目指しているとのこと。価格は1万2000ユーロ(145万円)。

こんなクルマをセカンドカーにして、カスタムしちゃうのも楽しそう!

クルマの乗り込むためのドアはなんと前にある。フェイスにちょこんと付いたレバーを引くと斜め上にドアが開く。乗り込みは楽チン。

ドアにステアリングが付いているというなんとも不思議な状態。スイッチ類もシンプルだ。

マイクロモビリティ社はキックボード、電動キックボードを先駆け的に手掛けてきた会社。

出張が楽しく、快適になること間違いなし。スーツケース付きキックボード、マイクロ・ラゲッジ。

こちらがイセッタ。そもそもはイタリアのイソ社が生産していたが、BMWなどがライセンス生産もしていた。マイクロリノーとイセッタの2台持ちとかどうですか?

マイクロスクータージャパン
https://microscooters.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_霜田奈緒]

ブースの位置もわかります!



スタイルワゴン ドレスアップナビ
東京モーターショー2019記事
まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ_古川教夫]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「ドアは前にあるんです!【東京モーターショー2019】あの「イセッタ」を彷彿とさせる超小型EVは日本発売も視野に