[PR]

RAV4専用設計でフロア形状にぴったりフィット
汚れをマット外に逃がさない立体成型が魅力

くるまドットコム/RAV4(50系)


いま人気のSUVといえば、トヨタのRAV4(50系)。今年4月のデビューから、月間の販売台数は6000〜8000台という人気ぶり。タフでワイルドなデザイン、優れた4WD性能、それでいて、街中で乗っていてもお洒落と、いうことなしのクルマだ。

RAV4は、やはりアウトドア好きに好まれているようで、キャンプや釣り、サーフィンなどあらゆるシーンでの使用が目立つ。しかしアウトドアでネックなのは、汚れ。とくにキャンプや釣りでは濡れたモノや泥で汚れたモノも載せなきゃいけないし、なにより靴がそれらを簡単に持ち込んでくる。フロアマットの目に詰まった砂や泥は掃除しにくいし、乾いてしまうと見映えも悪い。

そんなアウトドア好きRAV4乗りにぜひお薦めしたいのが、くるまドットコムの「4Dフロアマット」と「3Dフロアマット」。RAV4のフロア形状に合わせて、立体的に成型されたフロアマットで、横壁のあるトレイのような形状になっているため、フロアマット上に落ちた泥汚れや水気をマット外に逃がすことなくとどめてくれる。

ラバー系の素材なので、外して水洗いすれば、簡単に汚れも落とせるのが魅力だ。

マットはデザインがことなる2種類をラインアップ。4Dフロアマットは横壁が高く汚れの拡散を確実に抑えるモデル、3Dフロアマットは、RAV4の純正内装に使われる三角形のデザインをオマージュしたコーディネイト力の高いモデル。

どちらも運転席、助手席、後席のセット。くるまドットコムではラゲッジ用の3Dマットもラインアップしているので、アウトドア好きはそちらもチェック!

4Dフロアマット 3P



運転席はフットレスト、助手席ではグローブボックスの下まで回り込むようにカバーする4Dフロアマット。後席は1ピース構造で左右席の間もカバー。純正フロアに汚れを飛散させないようしっかりとカバーできる。
【PARTS SPECIFICATION】
●価格:1万2800円(税込)
●適合:RAV4(MXAA52/MXAA54/AXAH52/AXAH54)
●グレード:Adventure、G“Z package”、G、X、HYBRID G、HYBRID X

3Dフロアマット 3P



純正のセンターコンソールなどに使われている三角形のデザインを取り入れた3Dフロアマット。純正内装との統一感があり、実用的なパーツながらもカスタム感があるのが嬉しい。運転席、助手席、後席の3ピース構造で、横壁のある立体的デザインにより汚れの飛散を防ぐ。
【PARTS SPECIFICATION】
●価格:1万2800円(税込)
●適合:RAV4(MXAA52/MXAA54/AXAH52/AXAH54)
●グレード:Adventure、G“Z package”、G、X、HYBRID G、HYBRID X

問:くるまドットコム 0120-562-474
https://www.rakuten.ne.jp/gold/auc-kuruma7/

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部_霜田奈緒]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【アウトドア派のRAV4乗り必見】ガシガシ使ってもフロアの汚れを簡単に掃除できる! 超立体成型の防水マット