ちょうどいいサイズのコンパクトミニバンが
外装デザインと安全装備を充実させて商品力を強化

運転しやすいちょうどいいサイズに広い室内空間が人気のフリードが、2019年10月18日にマイナーチェンジされた。親しみやすさはそのままに、外装デザインを進化。いま流行のクロスオーバースタイルに加飾が施された「クロスター」も新たに設定している。また、安全装備のHonda SENSINGを全車標準化するだけでなく、新機能を追加して安全性能を強化。内装や機能装備もモディファイされ、商品力をアップさせている。

外装(標準)
フリード マイナーチェンジ
フロントマスクは、フード、グリル、バンパー、ロアグリルの意匠変更により、落ち着きのあるシンプルなスタイルに変身。足元のアルミホイールは、ブラックアウト部をグレーに変更している。

内装(標準)

内装は、ウォールナット(ブラウン)の木目調パネルに、モカ(ファブリックシート)を新採用。「G」系にはオプションで、ウォールナット(ブラック)×ブラック(コンビシート)が用意される。

外装(クロスター)

クロスター専用のフロントグリルや前後バンパーをはじめ、LEDフォグライト、ルーフレール、アルミホイール、ドアアウターハンドル、ドアミラーが専用加飾となる。アウトドアに映えるクロスオーバーモデルだ。

内装(クロスター)

クロスターの内装は、プライウッドの木目調パネルに、ブラック(コンビシート)を採用。専用コンビシートは汚れが目立ちにくいデジタル柄を採用する。

後方誤発進抑制機能

Honda SENSINGは全車標準装備として、新たに後方誤発進抑制機能を追加。ACC(アダプティブクルーズコントロール)は、加速時のスムーズなフィーリングを熟成させた。

ステップダウンシフト制御

下り坂で一定のブレーキ操作をするだけで、シフトレバーを操作することなく、エンジンブレーキを併用した減速が行えるステップダウンシフト制御をホンダのミニバンで初採用する。

【SPECIFICATION(フリード)】

B・Honda SENSING(6人乗り) 199万7600円(2WD)
G・Honda SENSING(6人乗り) 216万400円(2WD)/239万6900円(4WD)
G・Honda SENSING(7人乗り) 218万2400円(2WD)/241万8900円(4WD)
CROSSTAR・Honda SENSING(6人乗り) 238万400円(2WD)/261万6900円(4WD)
HYBRID G・Honda SENSING(6人乗り) 256万1900円(2WD)/279万8400円(4WD)
HYBRID G・Honda SENSING(7人乗り) 258万3900円(2WD)
HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING(6人乗り) 278万1900円(2WD)/301万8400円(4WD)

【SPECIFICATION(フリード+)】

G・Honda SENSING 218万2400円(2WD)/241万8900円(4WD)
CROSSTAR・Honda SENSING 240万2400円(2WD)/263万8900円(4WD)
HYBRID G・Honda SENSING 258万3900円(2WD)/282万400円(4WD)
HYBRID CROSSTAR・Honda SENSING 280万3900円(2WD)/304万400円(4WD)

問:ホンダお客様相談センター 0120-112010
https://www.honda.co.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「フリードがマイナーチェンジ! クロスオーバースタイルの新グレード「クロスター」を設定【新型車レポート】