外装デザインがよりスタイリッシュに進化
機能系装備充実で向かうところ敵なし!

コンパクトSUVの売れ筋モデルとして人気を博しているC-HRが、2019年10月18日にマイナーチェンジを果たした。ワイルドスタンスをより強調するフロント&リアスタイルに生まれ変わっただけでなく、スポーツモデルの「GRスポーツ」をはじめ、1.2Lターボの2WD車には6速MTも追加している。また、スマホとの連携を可能としたディスプレイオーディオや車載通信機DMCを全車標準装備し、コネクティッドサービスカーとしての利便性を強化。さらに、停車時などに制止物を検知して衝突被害の軽減に寄与するインテリジェンスクリアランスソナー、駐車場などでの後退時に後方左右から接近する車両を検知してブレーキ制御するリアクロストラフィックオートブレーキ、車両を真上から見たような映像をディスプレイに表示するパノラミックビューモニターなどをオプション設定にすることで、安全性も強化している。

G(ハイブリッド車)

エアインテークを左右に広げ、その上部にフォグランプを配することで、ワイドスタンスを強調したエクステリア。「S」「S-T」はパラボラLEDのヘッドライトになるが、「G」「GRスポーツ」系の上級グレードはデイライトとターンランプのダブルファンクションを採用するLEDクリアランスランプを採用。また「G」「G-T」には新たな内装色のオーキッドブラウンを設定する。

G-T(ガソリン車)

1.2Lターボの2WD車には、変速・発信操作をアシストするインテリジェントマニュアルトランスミッション(iMT)を採用した6速MTを設定。コンピューターがトライバーのクラッチ/シフト操作に合わせて最適なエンジン回転数になるように制御することで、爽快な走りを実現する。

GRスポーツ(ハイブリッド車)

TOYOTA GAZOO Racingが手掛けるスポーツカーシリーズ「GR」モデルも追加設定。フロア下にフロアセンターブレースを追加してボディ剛性を強化しながら、足回りは専用チューニングを実施。操舵応答の向上やフラットな乗り心地により、スポーティな走りを実現している。内外装の専用加飾も多数。

【SPECIFICATION】

S-T 236万7000円(2WD・6速MT)
S-T 240万円(2WD)/259万8000円(4WD)
G-T 263万2000円(2WD・6速MT)
G-T 266万5000円(2WD)/286万3000円(4WD)
S-T“GR SPORT” 273万2000円(2WD・6速MT)
ハイブリッドS 273万円(2WD)
ハイブリッドG 299万5000円(2WD)
ハイブリッドS“GR SPORT” 309万5000円(2WD)

問:トヨタ自動車お客様相談センター 0800-700-7700
https://toyota.jp

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「C-HRがマイナーチェンジ! スポーツモデルの「GRスポーツ」やガソリン車に6速MTを追加【新型車レポート】