新しく17地域がプラス

58地域となったご当地ナンバープレート。

西3ホール

昭和35年9月に設立された、自動車のナンバープレート関係の中央団体である一般社団法人 全国自動車標板協議会。
その東京モーターショー2019のブースは、デザインナンバープレートがたくさん展示されています。

なかでもトピックとなるのは、やはりご当地ナンバー。
2018年10日に交付開始となった世田谷や富士山などの41地域に加えて、新しく17地域のご当地ナンバーが追加されることになりました。
新たに導入される17の地域名表示は、知床、苫小牧、弘前、白河、松戸、市川、船橋、市原、江東、葛飾、板橋、上越、伊勢志摩、四日市、飛鳥、出雲、高松です。
交付開始は2020年5月ごろを予定しているそうです。

知床、苫小牧、弘前
葛飾、板橋、上越

弘前は弘前城と若木山、上越では上杉謙信。

白河、松戸
伊勢志摩、四日市

伊勢志摩では象徴的な鳥居や真珠などがあしらわれています。

市川、船橋
飛鳥、出雲

船橋のプレートでは梨がモチーフに。

市原、江東
高松

市原では小湊鐵道の里山トロッコ列車、江東では会場近くにあるゲートブリッジが使われています。

アイデアのルーツは外国の図柄入りナンバープレート

このデザインナンバー、当初は東京2020オリンピック・バラリンピックのサポートとして国交省ができるコトはないか、ということから発案されたそう。
そんな経緯もあり、オリ・パラからスタートの予定だったそうですが、タイミングがずれて、ラグビーワールドカップのサポートとしてスタートしたとか。

ちなみに、このアイデアは海外のナンバープレートを参考にしたというお話でした。

一般社団法人 全国自動車標板協議会
http://www.n-p.or.jp/

ブースの位置もわかります!



スタイルワゴン ドレスアップナビ
東京モーターショー2019記事
まとめはこちら

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ_古川教夫]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「葛飾・船橋……ご当地ナンバー最新事情【東京モーターショー2019】2020年(令和2年)5月、新しく17地域が追加に!