洪水のあるエリアの高性能モビリティ

超小型水陸両用電動モビリティ FOMM ONE

TMS2019 西4ホール

IPFのブースを飾る電動小型モビリティは実は水陸両用。
タイで昨年発表され、本年より生産開始した1台です。

雨季にはスコールが降るタイでは、平たい土地柄もあり、ゆっくりと地域が浸水していく洪水が発生します。

そういった地域に密着したモビリティとして、小型で4名の乗車定員を維持しながら、水陸両用のFOMM ONEが生まれました。

ハンドルにスロットルパドルを装備し、ブレーキはペダルと、バイクにちかい操作感をもちます。
しかも最小回転半径は1.8mと、4名の定員からは想像できないほど、取り回しの良さが光ります。

灯火類をIPFが供給

安定した品質で小ロットにも対応

タイで生産されるFOMM ONE。その灯火類を担当しているのがIPF。

電動モビリティに必須の省電力を高品質のLEDで担います。

IPF
TEL:027-346-3316
https://www.ipf.co.jp/

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ_古川教夫]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【東京モーターショー2019】最小回転半径1.8m! 4人乗りの水陸両用の小型モビリティ!|FOMM ONE