新型RAV4用マフラーが早くも完成!!

KAKIMOTO RACING/Class KR for RAV4
カキモトレーシング/クラスケーアール RAV4(50系)


カキモトレーシング クラスKR マフラー エキゾースト RAV4 50系
数あるマフラーメーカーの中で、最も勢力的に開発を続けているといっても過言ではないカキモトレーシング。

徹底的な性能追求という基本コンセプトは、創業当時から変わることなく受け継がれている。それは、今回新たに設定された新型RAV4用マフラーも同様だ。

そもそもエキゾーストシステムの役割とは、エンジンから排出されるガスから有害物質を取り除きつつ、効率良く、そしてしっかりと消音させること。有害物質の除去を担うのは触媒(キャタライザー)だが、排気効率&消音に直結するのがマフラーのレイアウトや構造。

純正の場合、消音に注力するため、効率は二の次。つまり、エンジンの持つポテンシャルを最大限に活かしているとはいいきれないのだ。

しかし、カキモトレーシングでは、車種やエンジンの特性をいかにして引き出せるかを追求。例えば、新型RAV4用の場合、純正中間パイプが54φに対して、クラスKRは60φ。

さらに排気効率を高めるストレート構造を採用した専用のメインサイレンサーを開発。エンジンの持つ性能を引き出しつつ、消音するという二律背反の要素を満たすマフラーを実現しているのだ。

もちろん、マフラーを交換する理由として大きなウエイトを占めるサウンドチューニングも抜かりなし。クラスKRには、二重ディフューザーテールが採用されているが、実は整音に大きな効果を発揮しているのだ。

エンジンから排出される高温の排気とテールを取り巻く低音の外気が絶妙に干渉し合うことで、クオリティの高い重低音をメイク。

その上でRAV4用はSUVというベース車の素性を考慮した、しっとりとした上品なサウンドを響かせるようチューニングされる。

性能、音、そしてルックス。社外マフラーに求められる3つの要素に加え、厳しい保安基準もクリアするカキモトレーシングのマフラー。新型RAV4カスタマイズの一手として、ぜひ選択肢に加えておきたい一品であるのは間違いない。

ガソリン、ハイブリッドの違いは中間パイプのみ!

新型RAV4にはガソリンとハイブリッドが用意されているが、カキモトレーシングでは、それぞれ4WD車に適合。メインサイレンサーとテールエンドの形状は同じで、中間パイプのみそれぞれ専用となる2ピース構造を採用している。それぞれのパワートレーンにあわせて最適なレイアウトになっているので、確実なパワー&トルクアップを実現。専門メーカーのノウハウが活かされているのだ。
ガソリン車

フロアの中央を通る純正パイプのレイアウトに沿って、カキモトレーシングでもストレートな形状の中間パイプを採用。人気のAdventureのほか、G/Xにも適合する

ハイブリッド車

ハイブリッドは、元々フロアの右側を通るレイアウト。そのため、メインサイレンサーに向けて、ロアアームを避けつつ斜めに中間パイプがレイアウトされているのだ。


RAV4用は、チタンフェイスとステンレスの2種類のテールエンドを用意。左右の出ヅラを合わせることができるようスライド調整式を採用。テールは1個2万円〜購入可。

見た目も美しいメインサイレンサー。排気効率を考慮し、ストレート構造を採用。この部分は、ガソリン車/ハイブリッド車ともに共通。
【PARTS SPECIFICATION】
■対応車種:NEW RAV4(50系・ガソリン&ハイブリッド・4WD)
■価格:13万円〜

新型CR-Vハイブリッド用もDebut!!

新型RAV4と同じタイミングでCR-Vハイブリッド(FF)用のクラスKRも完成。50φの中間パイプ&96φチタンフェイステールというスペックで、純正を途中でカットして付属のアダプターで装着するタイプ。ちなみに純正に戻す際は、アダプターに純正のカットした部分を差し込んで対応。
CR-Vハイブリッド車の純正テールはバンパーに隠れて見えにくい。クラスKRを装着すれば、アピール度アップ間違いなしなのだ。


チタンフェイスが美しいテールは、排気と整音効果を両立する二重ディフューザータイプ。ストレート構造のメインサイレンサーで確実に性能アップ。
【PARTS SPECIFICATION】
■対応:CR-V(ハイブリッド・FF)
■価格:6万9000円

問:カキモトレーシング 072-265-5050
https://www.kakimotoracing.co.jp

スタイルワゴン2019年10月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「【ハイブリッド用もあり!】新型RAV4用マフラーがカキモトレーシングからデビュー!|CR-Vハイブリッド用も登場