ボルトオンでハリアーの光をさらにバージョンアップ

Valenti

LEDテールランプ、LEDバルブでお馴染みの“ヴァレンティ”がラインアップしている60ハリアー向けアイテムは豊富。

エクステリアではフォグランプレンズキット、LEDフォグバルブ、LEDリフレクターが前期後期ともに対応。純正フォグがLEDとなる60ハリアーはバルブだけの交換ができないので、フォグ灯体自体を交換してからバルブの交換をする必要がある。

インテリアではジュエルLEDルームランプセット、レンズ&リフレクターセットが前期のみに対応。

これは後期で純正ルームランプがLED化されて交換できなくなってしまったから。

しかし、バニティミラーランプ、カーテシランプは後期でもハロゲン球を採用しているのでLEDに交換することが可能だ。

純正は前期後期ともにLEDフォグランプが採用され、バルブだけの交換ができない。そこで登場するのがヴァレンティの「フォグランプレンズ タイプ1」だ。純正フォグランプ自体を交換することで、好きなLEDバルブを使うことができるようになるのだ。ヴァレンティでは様々なカラー、明るさのフォグ用LEDバルブが用意されているのでコーディネイトの幅が広がる。


フォグランプレンズキット
タイプ1

■参考価格:1万6980円
■対応:前期&後期

ジュエルLED
ヘッド&フォグランプLX

■参考価格:2万5980円

5色が選べるフォグバルブが新登場

まもなく発売!

ジュエルLED ヘッド&フォグランプCX
■参考価格:1万1980円

フィルムを使わないと6200K、付属するフィルムを使えば8000K、6700K、4000K、2800Kと5 種の光色が選べるヴァレンティの最新LEDフォグランプバルブがまもなく登場する。ヴァレンティのフォグランプレンズキットを使うことで、LEDバルブだけを交換できない60ハリヤーに対応。左右合計で3800ルーメンの明るさを誇り、純正との明るさやカラーなど差別化を図れる。

 

前期にのみ対応する「LEDルームランプセット」「ルームランプレンズ&リフレクターセット」。同時に交換することで、純正とは一線を画す、キラキラと美しい輝きを演出できる。バルブ、レンズ&リフレクターのどちらもマップランプ、ルームランプ、ラゲッジランプのセットとなるが、後期では全ての純正LED 化され、交換することができない。

ジュエルLED
LEDルームランプセット

■参考価格:1万4000円
■対応:前期

ジュエル
ルームランプレンズ&リフレクターセット

■参考価格:8500円
■対応:前期

リアバンパーに装着されているリフレクターもLED化が可能。純正と同形状でそのまま交換し、スモール配線、ブレーキ配線をすればスモール連動、ブレーキ連動で点灯することが可能。リアビューのアクセントして有効。
LEDリアバンパー
リフレクター タイプ2

■参考価格:1万3800円
■対応:前期&後期

ウインカーレバーを軽く1回クリックするだけで、設定により3~5回ウインカーを点滅させることができる。欧州車などで標準装備されるが、60ハリアーでは意外にも非採用。高級SUVらしく、この機能はぜひ欲しい。
ユーロウインカーキット
■参考価格:4500円
■対応:前期

後期の内装LED化はこの2つが対応

カーテシランプ
■参考価格:3500円
■対応:前期&後期
バニティランプ
■参考価格:3800円
■対応:前期&後期


純正ドアカーテシ


純正バニティ

60ハリアーでは前期後期ともにインテリアでハロゲンバルブを採用しているのがバニティミラーランプとカーテシランプ。前期はルームランプと合わせて一緒に、後期はこの2カ所をLED 化することができる。

スタイルRV Vol.139 トヨタ ハリアー No.9 2019年8月26日発売号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

情報提供元:ドレナビ
記事名:「フルラインLED達成に必要なアイテム|60ハリアー カスタム