イベントレスになりかけていたみなさま、お待たせいたしました!!

去る7/31(金)~8/2(日)、幕張メッセでは『オートモビル カウンシル2020』が満を持して開催されました。

実はこのイベント、本来ならば4月の上旬におこなわれる予定だったのですが、緊急事態宣言の影響によりやむなく延期…。

ですが主催者さまの並みならぬ努力により、自動車ファンのみなさまへ眼福の好機が与えられたのです!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

厳重な感染拡大対策をもっての開催

連日のニュースでも騒がれるように、まだまだ終息とは程遠いと思しきコロナ禍。
開催には賛否両論あったことかとお察ししますが、会場ではしっかりと感染拡大対策がとられておりました。

主な内容としては
・人数制限
・体温測定
・来場者情報の登録(千葉市コロナ追跡サービス)
・マスク着用および消毒の徹底
・ソーシャルディスタンスの指示
・来られなかった人へ向けたオンライン展示会の配信

当日はなにひとつ抜かりなく、告知されていたガイドライン通りの対策!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

入場・再入場のたび、非接触型と顔認証式2つの検温をパスしなければなりません。

場内各所に消毒液が設置され、入場者数制限の効果もあり、ゆったりと見学することができました。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

心配していた“密”な状況はほぼ皆無。

色褪せない旧車の数々と、今をときめく最新車両たち

さて、この『オートモビル カウンシル』、単なる展示だけではなく、実際に販売されている車両を見て、その場で商談することができる催しです。
国内メーカーやインポーターをはじめ、その他たくさんのヘリテージカー販売店が、この日のために選りすぐりのクルマたちを並べて来場者をお出迎え!
それらの中から気になるラインナップをご紹介いたします!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

まずはこちら!“60年代ルマンカーの凄みと美しさ”と銘打たれた主催者テーマ展示。1963年式アルピーヌ M63(青)と1966年式イソ・グリフォ A3/C。こんなクルマが国内にあるというだけでも驚きですね!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

マクラーレンからは最新のGT(奥)と、ジャパンプレミアとなった620R。本邦初公開ではありますが、すでに国内分はSOLD OUTなのだとか…。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

SUVもハイテク化が止まりません。ジャガー I-PACE HSEとランドローバー レンジローバースポーツPHEV。ともに充電中スタイル。

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

オートモビル カウンシル2020現地レポート!

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事