6月も下旬になり、ドイツでは自動車ディーラーがCOVID-19感染対策を十分に行いつつ、営業を再開しています。一方で、COVID-19流行以前からの懸念事項として挙げられていた、イギリスのEU脱退の影響も出はじめています。2020年3月31日には、日産の高級車ブランド・インフィニティがヨーロッパでの新車販売からついに撤退(メンテナンスや保証サービスは継続)。自動車業界も「新しい常識」で動く世界に舵を取り始めた段階といえるでしょう。

今回のドイツ現地レポは「ドイツ人は日本車をどのように見ているのか?」についてフォーカスしていきます。インフィニティの撤退については、ドイツ国内でも小さくない反響がありましたし、「日本車は、ドイツ車よりも優れているのか?劣っているのか?」ということについては、現地でも書籍やインターネットで多くの議論が重ねられてきました。今回は、そんな様々な意見の一端を紹介できればと思います。

評価が高いのは信頼性やハイブリッド技術

ドイツ人は日本車をどのように見ているのか?

よく聞かれる意見は大きく分けてふたつ。「故障が少なく、コストパフォーマンスに優れる」ことと、「ハイブリッドや電気自動車の技術で世界をリードしている」という意見です。

最初の「故障が少なく、コストパフォーマンスに優れる」という意見は、今でもドイツ国内の「日本車擁護派」が声高に主張すしています。ドイツ国内では、同じクラスで比較するとドイツ製の国産車がもっとも高価で、日本車やフランス車などはより安価に新車を入手できます。そのなかでも日本車が組み立て品質が高く、故障とは無縁という評価が一般的です。ドイツにおける輸入車シェアにおいて、日本車が9.3パーセント(2018年。ドイツ連邦自動車運輸局調べ)というトップの数字を記録しているのは、こうした信頼性が広く認知されているから、としています。

また「ハイブリッドや電気自動車の技術で世界をリードしている」という意見も、ドイツのインターネット系のメディアではよく見られます。高い燃費性能を引っさげて、メルセデス・ベンツが圧倒的シェアを誇るドイツのタクシー業界に割って入ることに成功したトヨタ・プリウスや、電気自動車ながら高い実用性を実現した日産・リーフの評価は高く、こうした技術の向上は「ドイツの企業も、今まで以上に力を入れる必要がある」という論調が一般的です。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事