近年は環境性能向上のためエンジンのダウンサイジング化が進み、大排気量の自然吸気エンジンは、ほぼ絶滅危惧種になりつつあります。それは市販モデルもモータースポーツの世界も同じ。過給機もハイブリッドシステムも付かない自然吸気エンジンのサウンドが聞けなくなる日もそう遠いことではないかもしれません。
そんなことを考えているときに無性に聴きたくなったのが、往年のフェラーリF1マシンに搭載されていたV型12気筒のエンジンサウンド。官能的なソプラノサウンドに熱くなった往年のF1を体験したくなり、思わず手元にあったセガサターン向けゲームソフト『F-1 ライブインフォメーション』を久しぶりにプレイしてみました。すると、そこには最近忘れかけていたF1の興奮、多気筒・自然吸気エンジンの魅力が詰まっていたのです。

レースの楽しさは速さだけではない

北沢剛司

現在、自動車レースの最高峰であるF1のパワーユニットは、排気量1.6リッターのV型6気筒ターボエンジンにハイブリッドシステムを組み合わせたものが使われています。最近はスピードアップにつながるレギュレーション変更により、コースレコードを更新する機会が増え、目を見張る速さを実現しています。その一方で、いわゆるエグゾーストノートは低音の籠った音となり、イマイチ迫力に欠けるのは否めません。

また、電気モーターを動力源としたフォーミュラEは、環境性能に優れた次世代のモータースポーツとして、参戦するメーカーが増えています。ただ個人的には、フォーミュラEのレースを最初に見たときの衝撃がいまだに忘れられません。レースといえば高回転域で回る迫力のエンジンサウンドが染みついているだけに、電気モーターの「ヒューン」という音しかしないレース風景は、まるで実車版の「タミヤRCカーグランプリ」を見ているようでした。いくら速くても、いくら激しいバトルがあっても、エンジン音が伴わないと感情移入できない自分がいたのです。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事