先日二期会の65周年記念公演「ばらの騎士」のGPを観てきました。GPはグランプリじゃありませんよ。ゲーペーであります。ゲネラル・プローベ模擬本番の通し稽古ですね。予行演習と言えばわかりやすいでしょうか。本公演の直前に本番さながらに衣装を着けて、照明を当て、舞台装置を動かし、通しで行うけいこの最終段階。本公演じゃないんでしょ?と思われるかもしれませんが、実は本番さながらに演奏され、吸音分子である観客が少ないこと、また、ストレスや緊張ない演奏ができるという意味で、案外いい演奏に出会えたりするのもGPの魅力だったりするのです。

あくまでも稽古ですので、通常一般には公開しませんから、こういうことを申し上げても、観覧できるとは限りません。それでも最近では、抽選で見学者を募集している公演もあるので、もし機会があればぜひご覧になっていただきたいものです。

この夏は例年より「ばらの騎士」づいています。昨シーズンのメトロポリタンいオペラの最終演目もばらの騎士で、そのライブビューイングを観ました。あれはもしかすると今世紀を代表する公演だったのではないか、そんな気さえする素晴らしい舞台だったと思います。あれと同じ指揮者で、この夏、65周年を迎えた二期会のオペラで「ばらの騎士が上演」されました。感想はオペラエクスプレスに寄稿しましたので、よろしければご覧ください。

終焉の美学に酔いしれて(二期会「ばらの騎士」GPを観て)

さてここで申し上げたいのが、オペラとクルマ。筆者はどちらも好きなわけですが、この二点にはいろいろと共通点があると思います。そんな話をしたいと思います。

オペラはOperation「手術」などと同じ語源だ、などという説明をよく見ます。しかしながら、個人的にはどうも歯切れが悪いと感じずにはいられないのです。この辺りまでは大掛かりで、複雑に入り組んだ総合芸術をひも解こうという意欲の表れを感じることができますが、明らかにひも解こうとしているかと言えば、そんなまじめさは感じられない。それがオペラに対する個人的な印象であります。妙に大掛かりなものがそのままのんべんだらりんとした存在、という方が簡単に腑に落ちはしないでしょうか。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事