CL読者の皆さん、三連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?時折、思い出したようにうだるような暑さになる日もありますが、一頃よりはだいぶ過ごしやすい気候になり、シルバーウィークと呼ばれる連休の多い時期になり、趣味に旅行にレジャーの計画を立てている方も多い事かと思います。今年もとある媒体の仕事で名古屋キャンピングカーフェアに行ってきました。

名古屋キャンピングカーフェア2018

正直なところ、筆者にとってもキャンピングカーというのはまったくの専門外で、去年はほとんど予備知識らしいものが無いも同然の状態で行ったため、取材といっても何を見ればよいのかわからないという有様だったのですが、今年の春も含めて3回目にしてようやくある程度はどこを見ればキャンピングカーの品定めらしきものが出来るかわかるようにはなったという所でしょうか。

個人的な感覚としては、昨年より来場者も増えているように感じました。昨年、CL上でキャンピングカーフェアを取り上げた際は、長期休暇(バカンス)やグランドツーリングという文化が無く、短期の連休を全員が同時に休むという職業文化の日本で、キャンピングカーで気ままに旅行という文化がはたして本当に根付くのか?という印象だったのですが、どうやら近年は違う理由でキャンピングカーの需要が増えているようです。

普通はキャンピングカーというと、モーターホーム、トレーラーハウスと呼ばれるような、トラックやバンの荷台部分にキャビンを架装したり、車輪の付いたキャビンを引っ張るタイプの車両をイメージする方も多いと思います。

しかし、実際にこのショーでもメインで展示されているのは、「バンコンバーション(バンコン)」と呼ばれる、既存のワンボックス(ほぼ大半がトヨタハイエース)、ミニバンタイプのクルマをベースに荷室スペースにベッドやソファー、照明、簡易キッチンを備えたタイプのキャンピングカーで、外見はノーマルのハイエースと変わりが無く、中にはあえて8ナンバーのキャンピングカー登録にせず1・4・3・5ナンバーの乗用車、普通車登録のままのタイプのクルマも多く目にしました。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「日本のキャンピングカー人気には「意外な需要」が関係していた!名古屋キャンピングカーフェア2018