クルマ好きなら「お金があったらあのクルマ欲しいなあ」誰しもそんな夢を描くことでしょう。それは子供のころからあこがれていたクルマでしょうか。はたまた、夢のまた夢。そのクルマに思いを馳せること自体が夢…。そんなクルマだったりするのかもしれません。

しかしそんな思いをよそに、クラシックカーの価格は高騰し、「昔はそんなに高くなかったの!?あの頃買っておけばよかった!」など、庶民は指をくわえてみているしかないような状況も少なくありません。ただ、オートカーのオークションレポートなどを見ていると、一部のヒストリーのしっかりしたクルマや、超希少車種。だれも疑わない超有名スーパーカーなどを除けばそれほど金額が伸びなくなってきた印象もあります。それに代わって、このところアツいのが日本車、私たちにとってのいわゆる国産旧車。ちょっと信じがたい金額まで伸びたりすることもありますね。

まあ、あまりみんなが持っておらず、今や世界中で愛し親しまれる日本車のルーツであり、絶対的に軽量でコンパクト。しかし、かなりスリリングでパフォーマンスを発揮するような「やんちゃ」なクルマもありますから、たしかに粗削りではあるものの、後発の自動車大国黎明期の「作品」は、他の国のクルマにはない魅力を秘めている。そう感じさせるものがあるのかもしれません。

ただ、ここでよく話題にのぼるのは、金額のこともさることながら、海外に流失してしまうということについてです。

当時の日本の考え方が引き起こした流失

個人的には、流失することは仕方のないことだと思っています。バブル期にはそれこそ今は海外に再び旅立っていった、貴重なヒストリックカーが数多く日本にありました。あのころまでの日本、というか日本人は、海外から経済的利益を求めすぎていると言われ、半ば白い目で見られていました。それこそ、最近の日本人がアジアからの旅行者に対してむける斜めな見方以上のひんしゅくを世界中で買っていたに違いないのです。当時日本人は、クルマばかりか、世界中の目抜き通りの角という角、辻という辻の一等地に加え、全世界のありとあらゆるひんしゅくを買いあさっていたように思えます。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「クラシックカーの使い方はこれでよいのか。我々の考えに左右されるクルマの行方