昨日は快晴だったのに今日は雨。天気予報がなかなか当たらない…秋の空が変わりやすいのは、日本もドイツも同じです。秋は一瞬で過ぎ去り、すぐに長い冬が到来することを知っているドイツの人々は、だからこそ晴れた日の午後をたっぷり外で遊んで過ごします。そんな晴れた日の午後に、ベルリンの街中で古く美しいメルセデス・ベンツと出会いました。今回の主役は、メルセデス・ベンツSLクラスの2代目モデル、250SL(W113)です。

もともとの意味は「超軽量」

メルセデス・ベンツには多くのオープンモデルがラインナップされていますが、その中でも最高峰の2シーター・オープンスポーツカーとして長く頂点に君臨し続けているのがSLクラス。歴史をたどれば、1954年に登場した初代モデル・300SL(コードW198)から現在まで、途切れることなく生産が続けられています。レーシングカーをルーツとし、非常に凝った構造のシャーシを持つW198のネーミング「SL」は、「Super Leicht(ズーパー・ライヒト:超軽量)」を意味していました。

2代目SLクラス(コードW113)の時代に入ると、「SL」のもともとの意味は薄れ、より高級志向、ツアラー志向の方向性にシフト。現在までつながるSLクラスの方向性は、2代目のW113で確立されたと言ってよいでしょう。W113のデビューは、1963年3月のジュネーブ・モーターショーのことでした。以降、1971年に3代目SLクラス(コードR107)にバトンタッチされるまで、約8年間に48,912台が生産されています。

ドイツ人は古いメルセデスがお好き?

ドイツでは、普段乗られているクルマがあまり洗車されておらず(ドイツのビルト紙によれば、ドイツ人の年間平均洗車回数は6回)公道を眺めていても「ほこりをかぶったクルマが多いな」という印象が強いのですが、一方で古いクルマに対する愛情の掛け方は別格、と言えるかもしれません。とくに古いメルセデス・ベンツとポルシェに対しては、愛情の深さを感じることが多いです。今回撮影したW113も、コンクール・コンディションと断言してもよいほど、非常に美しい状態を保っていました。

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「まさにコンクール・コンディション!宝石のような2代目SLクラス(W113)、中でもさらに希少な「250SL」との邂逅