イタリア本国にあるフェラーリの博物館、「ムゼオ・フェラーリ」に行ってきた。

正確に言うと、マラネッロのフェラーリ本社近くにある「ムゼオ・フェラーリ・マラネッロ」、そしてフェラーリ創業者、エンツォ・フェラーリの生家を改装した「ムゼオ・フェラーリ・モデナ」の2つだ。

チケットの入手、交通手段について

この2つとも、フェラーリのオフィシャルによる運営となっており、チケットはオンラインにて、まとめて購入できる。

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

両施設ともに、クルマを使用すると30−40分程の距離がある。しかし、電車などは通っておらず、バスかタクシー、チャーター、レンタカーあたりがその主な交通手段だ。

今回の訪問において「レンタカー」の使用も考えたのだが、イタリアの標識は基本的にイタリア語だ。そしてボクはほとんどイタリア語ができない。
よって、「標識が読めずに、意図せずして違反してしまう」ことを避けるためにチャーターを選んだ。

バスやタクシーとしなかったのは、他にも行きたい場所があり、最短の時間でそれらの場所をまとめてまわりたかったからだ。

まずはムゼオ・フェラーリ・マラネッロの様子を画像にて

ボローニャに確保した宿までチャーターしたクルマに迎えに来てもらい、そこからムゼオ・フェラーリ・マラネッロへ。
おおよそクルマで40分程の行程だ。

フェラーリの本拠地へと近づくにつれ、フェラーリ関連のグッズを販売するショップやフェラーリをテーマにした飲食店、フェラーリのレンタカーを扱うショップが増えてくる。
標識に「MODENA」の表示が現れたとき、「いよいよここまで来たか」とボクは思った。

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲ここがムゼオ・フェラーリ・マラネッロだ。あいにくの雨である

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲スタッフは美男美女揃いだ。シミュレーターも置いてあるが、これはすぐに予約で埋まってしまうので、入館したらまっ先に予約しておこう

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲1Fにはフェラーリの希少な限定モデルが展示されている

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲フェラーリの歴代スペチアーレモデル(288GTO、F40、F50、エンツォ・フェラーリ、ラ・フェラーリ)が並ぶ

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲F12tdfやSAアペルタ、フェラーリ・クラブ・オブ・アメリカが発注した記念モデルもあった

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲2FにはF1マシンやエンジン、ステアリングホイールの展示がある

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲エンツォの執務室も再現されていた

ムゼオフェラーリ フェラーリ本社 フェラーリの聖地

▲新旧レーシングカーも勢揃い

【全文を読む】

あわせて読みたいオススメ記事

情報提供元:CL
記事名:「1日いても飽きない。イタリア本国にあるフェラーリの聖地「ムゼオ・フェラーリ」訪問記