新潟交通 高速バスの車両外観
新潟交通 高速バスの車両外観

▼目次


4列シート

4列シート車内の様子
4列シート車内の様子

新潟交通で一番多く採用されているのが、4列シートです。

座席数はトイレ付き車両が34席または40席、トイレなし車両が60席で、シートはリクライニングシートです。

リクライニングシート
リクライニングシート

県外路線のうち、仙台、長野、富山、金沢の各路線には、コンセントまたはUSBポートを設置しています。携帯電話やスマートフォンの充電に便利です。


■4列シート車両の路線別設備一覧
〇/サービスあり ▲/夜行便のみ ■/一部車両のみ ×/サービスなし
共通の設備:リクライニングシート
 

シート種別 フットレスト
(足置き台)
レッグレスト トイレ コンセント・USB 通路カーテン ブランケット スリッパ
新潟~仙台「WEライナー」 3列/4列
新潟~燕・東三条 4列 × × × × × × ×
新潟~長岡 4列 × × × × × × ×
新潟~上越(高田・直江津) 4列 × × × × × × ×
新潟~郡山 4列 × × × × × ×
新潟~会津若松 4列 × × × × × × ×
新潟~山形 4列 × × × × × ×
新潟~長野 4列 × × × × ×
新潟~富山 4列 × × × × ×
新潟~金沢 4列 × × × × ×

※2019年7月現在


■運行路線

4列シートの車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年7月時点で運行している路線です。

3列独立シート

3列独立シート車の車内
3列独立シート車の車内

新潟~仙台(夜行便と一部の昼行便)、新潟~大宮・池袋・新宿、新潟~名古屋、新潟~京都・大阪の各路線で採用されているのが3列独立シートです。座席数は27席または28席ですべて1人掛け。ゆったりサイズのシートを採用しており、一部の車両には可動式枕も設置しています。もちろん、フットレスト(足置き台)とレッグレストも完備しています。

ゆったりとした1人掛けシート
ゆったりとした1人掛けシート

シートをフルリクライニングした時の様子
シートをフルリクライニングした時の様子
フットレスト(足置き台)も完備
フットレスト(足置き台)も完備

各座席にはコンセントを完備。携帯電話やスマートフォンの充電に便利です。コンセントは肘掛け下に設置されています。また、夜行便にはブランケットと使い捨てスリッパも用意されています。スリッパは持ち帰ることもできます。

コンセントは肘掛け下に設置
コンセントは肘掛け下に設置
夜行便にはブランケットとスリッパのサービスも
夜行便にはブランケットとスリッパのサービスも

新潟~仙台線の一部の便と新潟~名古屋、新潟~京都・大阪の各路線には、座席と通路を仕切るカーテンが設置されています。まわりを気にせずに眠ることができ、特に女性客に好評です。

女性客に好評の通路カーテン
女性客に好評の通路カーテン


■3列シート車両の路線別の設備一覧
〇/サービスあり ▲/夜行便のみ ■/一部車両のみ ×/サービスなし
共通の設備:リクライニングシート

シート種別 フットレスト レッグレスト トイレ コンセント・USB 通路カーテン ブランケット スリッパ
新潟~仙台「WEライナー」 3列/4列
新潟~大宮・池袋・新宿 3列 ×
新潟~名古屋 3列
新潟~京都・大阪「おけさ」 3列

※2019年7月現在


■運行路線

3列独立シートの車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金が確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年7月時点で運行している路線です。


県外路線にはトイレ付き車両を導入。ICカードが使える路線も

新潟と県外を結ぶ路線(以下:県外路線)は、新潟~会津若松線を除く全車両にトイレを完備しています。

内側から鍵をかけると、換気扇とトイレ使用中ランプが連動する仕組みになっています。トイレの位置は車両によって異なり、車内最後部または車内中央部の階段を降りたところにあります。

車内中央部のトイレ
車内中央部のトイレ

一方で、新潟と県内を結ぶ路線(新潟~燕・東三条、新潟~長岡、新潟~上越)では、ICカードでの運賃支払いが可能。新潟交通が発行する「りゅーと」のほか、「Suica」などの交通系ICカードが利用できます。

現金で支払う運賃より約15%割引になりますので、大変お得です。ただし、交通系ICカード利用の場合は、バス車内でのチャージができませんので、事前にチャージしておきましょう。

※設備は都合により変更されることがあります。
※紹介しているのは基本タイプです。繁忙期等の増発便、車両の整備点検などにより 異なる車両タイプの運行となる場合があります。
※他のバス会社と共同運行している路線は、乗車日によって車両が異なります。


(須田浩司)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 新潟と各地を結ぶ「新潟交通」の高速バス設備をまとめて紹介! 3列独立シートと4列シートも比較解説