バス旅の魅力を“音”で感じる番組「バス旅スト」。
「バスもり!教授」と「なおこ助手」が、バス旅の楽しさや豆知識、おすすめスポット情報などを伝えます。

11月19日の放送では、京王バスとアルピコ交通の共同運行による「新宿-長野線」の旅・後編を放送。

パワースポットである善光寺での「お戒壇めぐり」を終えた後は、周辺で腹ごしらえ!
長野名物「おやき」や、老舗酒蔵で味わう「甘酒」などが登場します。


善光寺の近くで、長野名物「おやき」作りを体験

1.jpg

おやきといえば、信州長野の郷土料理であり、家庭料理。
かつてはおやきが主食だったと言われるほど、長野では身近な食べものです。

「小川の庄 大門店」は、善光寺大門バス停から歩いてすぐの所にある、おやきのお店。
蒸したおやきだけでなく、珍しい焼いたおやきも食べられるのが特徴です。

囲炉裏でじっくり焼いたおやきは、外はパリパリ、中はもちもちの絶品!

定番メニューの「野沢菜おやき」や「あずきおやき」のほか、今の季節はクリーミーな卯の花(おから)のおやきも人気を集めているそうです。


また、放送では「小川の庄」の店内で体験できるおやきづくりに挑戦!

ベテランスタッフから指導を受けて、はじめて作るおやき。果たしてその出来栄えは…?


創業1637年の老舗酒蔵で、「冷たい甘酒」を堪能

2.png

おやきを堪能した後は、善光寺に“いちばん近い蔵元” 善光寺外苑西之門へ。
こちらは、創業寛永十四年(1637年)の老舗の酒蔵です。

そして、蔵元直営店舗である「よしのや」では、清酒、善光寺みそ、甘酒といった蔵元自慢の各種商品を試飲・試食できます。

放送では、冷たい甘酒に注目。
砂糖や添加物が一切入っていないさっぱりした飲みごたえで、牛乳や豆乳で割ってみてもおいしい。お酒が苦手な人でも楽しめます。


地元のさまざまな銘酒を思う存分に楽しめるのも、自分でハンドルを握らなくて済むバス旅ならでは。
善光寺観光の際にはぜひ訪れたいスポットです。


1日15便運行の「長野-新宿線」で東京へ日帰り

3.jpg

1日15便と運行本数の多い「長野-新宿線」。
朝の便で東京を出発し、善光寺周辺の観光を満喫したら、夜の便でその日のうちに東京に戻ることができます。

東京から日帰りでも楽しめる、長野・善光寺周辺観光。
次の週末に、いかがでしょうか?

「バス旅スト presented by ウェルネット」番組概要


放送時間:毎週日曜日 12:00-12:25
放送局:TOKYO FMをはじめとするJFN系列全国38局ネット
出演者: 日本大学芸術学部放送学科教授・森中慎也、奥沢菜穂子ほか
TOKYO FM バス旅スト


情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 11/19放送「バス旅スト」 善光寺周辺で味わう「焼きおやき」&老舗酒蔵の「冷たい甘酒」