名鉄バスの新型コロナウイルス感染症防止対策

ガード板の素材は塩化ビニル製で柔らかく触れても安全な素材で、隣り合った乗客同士のプライバシーにも配慮し、半透明になっている。

IMG_9181.jpg

IMG_9184.jpg
IMG_9185.jpg

名鉄バスは新型コロナウイルス感染症対策として、以下のような取り組みを実施している。

乗務員・窓口係員の対応

・出勤前に体温の測定を行い、支障があると判断した場合は、勤務に就かせない措置を取る
・マスクの着用を義務付け
・勤務時間中に限らずこまめに手洗い、手指消毒液での消毒を徹底

高速バス車両の対応

・運行終了時に車内の消毒を実施
・運行中の車内においては、外気導入空調・プラズマクラスターイオン発生装置を使用
・起終点においてドアを開ける等、車内換気を実施
・バスの入り口付近に、お客様用手指消毒液を設置
・「名古屋~新宿線」の一部車両に、飛沫拡散防止用のガード板を新たに設置

乗客への呼びかけ

・手洗い、うがい、マスク着用や咳エチケットによる感染予防をする
・バス車内での会話は控えめに、なるべく小さな声でする
・発熱等体調不良のある方は乗車を控える



(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 名鉄バスが飛沫感染対策として高速バスの4列シート車両に座席間ガード板を設置