客貨混載の実証実験を期間限定で実施

客貨混載バス出発式
客貨混載バス出発式

西東京バスが運行する、武蔵五日市駅バス停~数馬バス停間のローカル路線バスは、あきる野市と檜原村を結ぶ唯一の公共交通機関として地域住民にとって重要な交通手段である。しかし、人口減少などにより乗車人数が減り、路線を維持していくことが難しくなりつつあるという課題がある。

一方、ヤマト運輸は、東京都あきる野市五日市と檜原村の人に宅急便を届ける際、あきる野五日市センターと現地の間を、片道約40分かけて1日3回往復するため、セールスドライバー(以下、SD)にとって大きな負担になっている。サービス品質を維持しながら集配の効率化を図ることが課題となっている。

そのような背景があり、この度、路線バスの車内スペースを活用して宅急便を輸送する「客貨混載」の実証運行を、西東京バスの西小中野バス停~数馬バス停間で実施する。

客貨輸送.png

これにより、西東京バスは宅急便の輸送による新たな収入源が確保され、安定的な運行により生活基盤を維持する。また、ヤマト運輸は、SDの運転時間の削減により、お客様との接点を増やし要望に対してより柔軟に対応することでサービスの向上を図るだけでなく、CO2排出量の削減につなげる。ローカル線の路線網維持と物流の効率化により地域住民の人々の生活サービスの向上を目指す。

【西東京バス・ヤマト運輸「客貨混載」の実証運行】の詳細

期間

2019年11月1日(金)~30日(土)(平日のみ)

対象路線バス

西東京バス(武蔵五日市駅~払沢の滝~数馬)
武蔵五日市駅13:33発→数馬14:32着の1便

積載区間

西東京バス「西小中野バス停」(住所:東京都あきる野市小中野133番地)から「数馬バス停」(住所:東京都西多摩郡檜原村数馬2462番地)約25.55km

今後の展開

実証運行の課題を検証し、2020年の本格運行開始を目指す

ニュースソース

西東京バス 西東京バスとヤマト運輸が連携した「客貨混載」の実証運行を11月1日より開始します!


(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 西東京バスとヤマト運輸が連携し「客貨混載」の実証運行を11/1より開始