original.jpg

さまざまなコンセプトの高速バスを運行している、WILLER EXPRESS(ウィラーエクスプレス)。

中でも、4列シートのオーソドックスなバスタイプで運行本数も多いのが、「リラックス≪NEW≫4列シート」です。

このバス車両の、車内設備や特徴、運行路線などについてご紹介します。

リラックス《NEW》の乗車記はこちら


【車両概要】4列シートだけどゆったり。女性人気の高いバス便

Willerリラックス≪NEW≫ 車両概要

シートタイプ 4列シート
座席数 40席
シート幅 座面44cm、肘あり50cm
リクライニング角度 最大140度


1.jpg
リラックス≪NEW≫は、リーズナブルな4列シートでありながら、清潔感のある車内に座り心地の良いシートで、特に女性に人気のバス便です。
体験乗車したライターも「ふかふか」とコメントしたシートは、背もたれ・座面・腰それぞれのパーツで厚みや柔らかさの違うクッションを採用。堅すぎず柔らかすぎないちょうど良い座り心地が魅力です。
また、シート幅やリクライニングの角度も、4列シートとしては十分余裕のある作り。


【設備・サービス】女性の声から生まれた、寝顔を隠せる「カノピー」

Willerリラックス≪NEW≫ 設備・サービス一覧

レッグレスト   〇   フットレスト   〇  
枕(首あて)   〇   ブランケット   〇  
ドリンクホルダー   〇   コンセント   〇  
Wi-Fi   ×   トイレ   ×  
その他 カノピー付き
プライベートモニター付きの車両も一部あり


シートは、足をゆったり伸ばして寝られるレッグレスト・フットレスト付き。
レッグレストとリクライニングの調整は、通路側席がボタン、窓側席がレバーで操作します。

通路側席の調整ボタン
通路側席の調整ボタン
窓側席の調整レバー
窓側席の調整レバー

Wi-Fiは付いていないものの、各シートにはコンセントやブランケット、可動式の枕など、長時間の乗車を快適に過ごすための設備がそろっています。

2.jpg
3.jpg


寝顔を隠せる「カノピー」付き

   

4.jpg

また、この「リラックス≪NEW≫」の大きな特徴が、シート上部に取り付けられた「カノピー」。

カノピーとは、写真のようにシート上部を覆うフードのこと。

このカノピーをおろせば、周りに寝顔を見られることなく、安心して眠ることができます。

「睡眠中に顔を見られるのが恥ずかしい」という女性利用客の声が多かったことから生まれた設備です。


original.png
★1人で2席使える! 「ダブルシート」の予約も可能

最近、複数のバス会社で導入されているのが、4列シートの隣り合った2席を1人で使うことができる「ダブルシート」プランです。
通常は隣に人がいるところ、自分の荷物を置く場所などに使えるため長旅も快適。

ウィラー「リラックス≪NEW≫」の場合は、通常の4列シート席の運賃に+500円支払うことで、ダブルシートを予約することができます。

※ダブルシートプランの有無は、バス便や時期などによって異なります。


ゆったり一人旅にぜひ! 1人で2席使える「ダブルシート」予約方法をバス会社別に解説


【運行路線】東北から九州まで、幅広いエリアで運行

以下が、「リラックス≪NEW≫」の運行路線。

東北(青森・秋田など)から九州(博多)まで、幅広いエリアをカバーしています。


  • 東京・川崎・千葉 ⇔ 大阪・京都・神戸・滋賀・和歌山
  • 東京 ⇔ 京都・福知山・宮津・豊岡・城崎
  • 東京・横浜・川崎・千葉 ⇔ 名古屋・浜松
  • 大阪 ⇔ 名古屋
  • 大阪・京都 ⇔ 浜松・静岡・沼津・三島
  • 東京・川崎 ⇔ 三重
  • 東京・千葉 ⇔ 仙台・福島
  • 東京 ⇔ 秋田
  • 東京・千葉 ⇔ 山形・福島
  • 東京・川崎・千葉 ⇔ 青森・八戸・盛岡
  • 東京・川崎・千葉・成田空港 ⇔ 新潟・長岡
  • 大阪・京都 ⇔ 新潟・長岡・直江津・富山
  • 東京・川崎・千葉・成田空港 ⇔ 富山・金沢・小松・福井
  • 東京・川崎・千葉 ⇔ 長野
  • 東京 ⇔ 広島
  • 大阪・京都・神戸 ⇔ 広島
  • 東京・千葉 ⇔ 岡山
  • 大阪・京都・神戸 ⇔ 博多・小倉

※2017年11月22日現在


ウィラー「リラックス≪NEW≫」の予約はこちら


情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 ウィラー リラックス≪NEW≫4列シートはこんな高速バス! 車両をまるっと公開