目次


関東自動車の高速バス

関東自動車が運行する高速バスは、全席禁煙で座席定員制。「安心」「便利」「快適」の三拍子そろった高速バスです。また、同社の貸切バスについては国で認定されている3つ星マーク(安全性評価認定)を取得しています。

そして、高速バスはどれも直行便なので、目的地にまっすぐ向かえるのもポイント。京都・大阪線「とちの木号」は、宇都宮・鹿沼・栃木・久喜方面と京都・大阪を約11時間で結び、毎日1往復を運行しています。宇都宮と水戸を結ぶ「北関東ライナー」、西那須野・塩原・那須・鹿沼とバスタ新宿を結ぶ「那須・塩原号」の2便は、毎日6往復もしているんです。


3列独立シート(2階建て車両)

さて、さっそく3列独立シートをご紹介していきましょう。まず最初にご紹介するのが、2階建てタイプです。先日筆者が「とちの木号」に乗車した際はこの2階建てタイプでした。車内の座席は3列独立シートです。

3列独立シートの2階建てバス車両外観
3列独立シートの2階建てバス車両外観

座席数は1階が6席、2階が30席の計36席です。1階座席の配置は車両によって異なります。

バス車内1階の運転席側から見た様子
バス車内1階の運転席側から見た様子
ドリンクホルダーは窓側にあります
ドリンクホルダーは窓側にあります
階段の様子
階段の様子
2階をバス前方から見た様子
2階をバス前方から見た様子
バス最前列にはインターホンが設置されています
バス最前列にはインターホンが設置されています
カーテンはマジックテープ式でしっかり留められます
カーテンはマジックテープ式でしっかり留められます
階段真横の座席8Cの様子
階段真横の座席8Cの様子
リクライニングを倒した状態
リクライニングを倒した状態
1階の座席と同様、フットレストとレッグレストも完備
1階の座席と同様、フットレストとレッグレストも完備
トイレは1階階段横にあります
トイレは1階階段横にあります
清潔感あり
清潔感あり
アルコール剤なども完備しています
アルコール剤なども完備しています


■運行情報

3列独立シートの2階建て車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※3列独立シートのスタンダード車両になる場合もあります。
※2019年10月時点で運行している路線です。


3列独立シート(スタンダード車両)

3列独立シートの1階建てタイプ外観 画像提供:関東自動車
3列独立シートの1階建てバス車両外観 画像提供:関東自動車

続いては3列独立シートの1階建てのタイプをご紹介します。3列独立シートは、計28席のトイレ付きです。

車内の様子。2階建て車両の3列独立シート車内と同様にカーテンがついています 画像提供:関東自動車
車内の様子。2階建て車両の3列独立シート車内と同様にカーテンがついています 画像提供:関東自動車

USBポートではなくコンセントで充電可能
USBポートではなくコンセントで充電可能 画像提供:関東自動車
シートの様子。フットレストとレッグレストが付いています 画像提供:関東自動車
シートの様子。フットレストとレッグレストが付いています 画像提供:関東自動車

上記の2階建てバスに比べて座席数は少なく、すこしゆったりしているようにも感じられます。


■運行情報

3列独立シートのスタンダード車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2階建て車両になる場合もあります。
※2019年10月時点で運行している路線です。



4列シート車両

4列シートタイプ車両の外観 画像提供:関東自動車
4列シートタイプ車両の外観 画像提供:関東自動車

最後にご紹介するのが4列シートタイプです。4列シートタイプは計42席。トイレが後方に付いています。

車内の様子
車内の様子

座席の案内は日本語も英語もあります
座席の案内は日本語も英語もあります
座席のリクライニングの様子。かなり倒れます。レッグレストとフットレストは付いていません
座席のリクライニングの様子。かなり倒れます。レッグレストとフットレストは付いていません
座席前ポケットの様子。ドリンクホルダーもここにあります
座席前ポケットの様子。ドリンクホルダーもここにあります
シートベルト横に充電用のコンセントがあります
シートベルト横に充電用のコンセントがあります

トイレは一番後方にあります
トイレは一番後方にあります

トイレ室内の様子。清潔感があって◎
トイレ室内の様子。清潔感があって◎

■運行情報

4列シートの車両を運行しているのは以下の路線です。

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年10月時点で運行している路線です。

以上、今回は関東自動車が運行する高速バス車両・シートを種類別にご紹介しました。どのバスにもトイレが付いているので、長旅でも心配ありません。またトイレ室内も清潔感があるので安心です。

2階建てバスは広々としており、友人同士のグループや家族で利用している人たちが多かったです。旅の目的に合わせて、バスシートを選んでください。

※設備は都合により変更されることがあります。
※紹介しているのは基本タイプです。繁忙期などの増発便、車両の整備点検により異なる車両タイプの運行となる場合があります。
※紹介しているシートは、関東自動車の担当便で運行されます。他のバス会社と共同運行している路線は、乗車日によって車両が異なります。

(トキエス)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 全車両トイレ付きで安心。関東自動車の高速バス車両のシート種類&設備を解説