ざっくり、こんなおすすめポイント

  • 長電バスの2種類のシートタイプを写真つきで紹介!
  • どちらのシートかは路線でわかる! 3つの路線もご紹介
  • 各シートだけでなく、車内設備の情報も


長電バスは長野を中心に走る路線

長電バスが運行する長距離高速バスは、全て長野県から発着する路線。全部で3路線あり、昼便は「長野~新潟線」の1路線が運行。夜便は「長野~池袋線」と、「長野~京都・大阪・神戸線」の2路線が運行しています。

長電バスの車体
長電バスの車体

長電バスのシートタイプは2種類、4列ワイドシートと3列独立シートがありますよ。どちらのシートタイプでも、車両のカラーリングはえんじ色とクリーム色。まるで初期型のファミコンのようで、知ってる世代には懐かしいかも!

バス車体を横から(写真は3列シート車両)
バス車体を横から(写真は3列シート車両)
路線バスもカラーリングはおそろい
路線バスもカラーリングはおそろい

長電バスの2つのシートタイプ、4列ワイドシートと3列独立シートはそれぞれ魅力的な特徴あり。またシートだけでなく車内設備も少し異なります。それでは各シートを順にご紹介します!

4列ワイドシート

4列ワイドシートの車両は「長野~新潟線」の昼行便として運行。新潟交通と共同運行し、長野発と新潟発が毎日それぞれ4往復しています。

4列シートは2人掛けシート×2の構成。座席は左右の幅が通常のシートより広いワイドシートを採用しているため、ゆったりと空間を確保できるのが嬉しいポイント。

4列シート座席俯瞰 画像提供:長電バス
4列シート座席俯瞰 画像提供:長電バス

座席後方にはトイレあり。また各座席にはブランケットやコンセントが用意され、無料Wi-Fiも利用可能です。

座席後方にトイレつき!(写真はイメージです)
座席後方にトイレつき!(写真はイメージです)
フリーWi-Fiはパスワードなしでラクチン設定!
フリーWi-Fiはパスワードなしでラクチン設定!


■4列ワイドシート車両を運行している路線

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年9月時点で運行している路線です。


3列独立シート

長電バスの3列独立シートの運行は夜行便のみ。「長野~京都・大阪・神戸線」(南海バスと共同運行)と「長野~池袋線」(西武バスと共同運行)の2路線で毎日運行しています。

3列独立シート、車内俯瞰
3列独立シート、車内俯瞰

昼便だった4列ワイドシートに比べ、夜便となる3列独立シートは車内設備が大幅グレードアップ。トイレ、ブランケット、コンセント、無料Wi-Fiに加え、使い捨てスリッパや個別仕切りのできるカーテン、フットレストやレッグレストもあり、快適に乗車できます。

また143度のリクライニングも大きな魅力! 独立シートのため隣の席も気にならないので、くつろいでバス旅を楽しむことができますよ。

使い捨てスリッパは1人1つ
使い捨てスリッパは1人1つ
仕切りカーテンでプライベート空間を確保
仕切りカーテンでプライベート空間を確保
フットレスト・レッグレストつきでゆったり
フットレスト・レッグレストつきでゆったり
座席のリクライニングは最大143度!
座席のリクライニングは最大143度!


■3列独立シート車両を運行している路線

リンクからは高速バス比較サイト「バス比較なび」にて、詳しい停留所と料金を確認できます。リンク先のページでは必要に応じて「逆区間」のボタンをご利用ください。

※2019年9月時点で運行している路線です。

※設備は都合によって変更されることがあります。
※紹介しているシートは、長電バスの担当便で運行されます。他のバス会社と共同運行している路線は、乗車日によって車両が異なります。


長電バスで快適な旅を

長電バスの高速バスにはお得なサービスが2つあり。

1つはパーク&ライドサービス。長電長野パーキングと長電権堂パーキングの2つの駐車場が格安で利用できるサービスです。バス停まで車で行き、車を置いてバスに乗車できるのでとっても便利! また該当パーキング以外にも無料で利用できる駐車場が、長野→池袋線の始発となる柳原バス停入口など、様々なバス停付近に用意されています。

もう1つは「長野~京都・大阪・神戸線」のみとなる、路線バス志賀高原線の乗継割引サービス。高速バス片道乗車ごとに1回限りながら、なんと50%のバス代割引が受けられるのです!

ではでは、長電バスを便利に使って旅を楽しんでくださいね。

(陽月よつか)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 「長電バス」の3列独立シートと4列ワイドシートを比較・解説! 運行路線や車内設備情報も