輸送量の増加、バリアフリー対応でよりスムーズな乗降が可能に

2020年度には京成バスでBRTプレ運行が開始され、東京2020大会後に予定されているプレ運行二次より新会社の「東京BRT株式会社」が運行する。それ以降の本格運行は、新会社がすべてが担う予定。

東京BRTのスケジュール

2019年7月 東京BRT株式会社設立
2020年度 東京BRTプレ運行(一次)開始(京成バスによる運行)
東京BRTプレ運行(ニ次)開始 (京成バスによる運行)
2021年度 プレ運行(二次)期間中、営業開始(京成バスとの共同運行)
2022年度以降 東京BRT本格運行(東京BRTによる運行)

車両イメージ.jpg
車両イメージ

東京BRTの特徴は、車椅子やベビーカーでも乗降しやすいように、標準的なプラットホームの仕様をバリアフリー化する予定のほか、運賃の収受も車内で行わない新しい方式を検討している。

新橋~勝どき間の運行便数と輸送力は、平日のピーク時1時間あたり、プレ運行(一次)で450人程度、片道の運行基本便数は6便程度を予定している。本格運行を開始したら、2,000人程度、片道の運行基本便数20便数(※)程度になる予定。
※幹線ルート6便、晴海・豊洲ルート6便、勝どきルート2便、選手村ルート6便の予定

東京BRT本格運行.jpg


【東京BRT株式会社 設立】の詳細

詳細

商号:東京BRT株式会社
本社所在地:千葉県市川市
代表者の役職・氏名:取締役社長 木下 良紀(京成バス株式会社 常務取締役)
事業内容:東京BRTの運行他
資本金:75百万円
設立年月日:2019年7月8日
株主:京成バス株式会社/100%

ニュースソース

京成バス 東京BRT株式会社を設立いたしました


(バスとりっぷ編集部)

情報提供元:バスとりっぷ
記事名:「 京成バス 都心と臨海部を結ぶ「東京BRT」の運行を担う「東京BRT株式会社」を設立