前回お届けしたリンパマッサージ【上半身編】に続き、今日は【下半身編】です。リンパの流れが悪くなると、体内に余分な水分や老廃物が蓄積され、疲労やむくみの原因となることは、すでにお話しした通りです。
とくにこれから暑くなり、肌を見せる機会が増えてくると、女性にとってむくみは大敵。リンパマッサージはむくみ解消に期待が持てるので、ぜひ覚えて今日からセルフケアを始めましょう。

リンパマッサージで下半身をスッキリと!

リンパマッサージで下半身をスッキリと!


むくみを解消して下半身をスッキリさせるリンパマッサージの方法

リンパは流れる方向が決まっているのでマッサージの順番が大切となります。下半身をマッサージする場合でもまずは、リンパの最終出口となる鎖骨をほぐすことから始めましょう。それから「腹部→鼠径リンパ節~太もも→膝下リンパ節~ふくらはぎ~足首」の順でマッサージを行います。では、各部分のマッサージのポイントをご紹介しましょう。※行う回数は5~10回程度
○腹部リンパ節
おなかは脂肪がつきやすいところです。マッサージは皮下脂肪の燃焼促進に効果的。また、便秘の解消にも期待が持てます。
<ポイント>
1 腹部の脂肪や皮をつかんでほぐす。
2 円を描くように腹部をなでる。
3 腹部から左右の足の付け根(鼠径リンパ節)に向けてなでる。
○鼠径リンパ節(両足の付け根)~太もも
鼠径リンパ節のリンパの流れが低下すると、ぽっこりおなかなど、下半身太りの原因となります。
<ポイント>
1 鼠径部を外側から内側に向けてなでる。
2 ひざ上→太もも前面→股関節の順に両手でなでる。
3 ひざの外側→太ももの外側→お尻の順に両手でなでる。
4 ひざの内側→太ももの内側→股関節の順に両手でなでる。
※太ももは脂肪がつきやすい部位なので、手のひらをこぶしに変えて繰り返す。
※反対側の足も同様に行う。

脂肪がつきやすい部分は少し力を入れてもみほぐそう

脂肪がつきやすい部分は少し力を入れてもみほぐそう

○膝窩(しっか)リンパ節(ひざの後ろ)~ふくらはぎ~足首
膝下リンパ節は、足首やふくらはぎのリンパが流れ込むところ。リンパの流れが滞ると足首やふくらはぎのむくみの原因となります。また、ふくらはぎは第2の心臓とも言われる部位。ここのリンパの流れが落ちると体全体の血行が悪くなります。
<ポイント>
1 足の甲から指先にかけてマッサージを行う。
・足の指を一本ずつ指の付け根から指先にむかってもみほぐす。
・指の間に手の指を組むように入れて、手をグーパーする。
2 足の甲からかかとに向けてなでる。
3 アキレス腱とくるぶしの横をしっかりもみほぐす。
4 リンパの流れを逃さないようにふくらはぎを通ってひざの裏に流すイメージでなでる。
※ひざ周りの脂肪が気になる人は、ひざ上からひざの裏に向けてなで、そのまま鼠径部へ。


リンパマッサージの効果をあげるポイント

せっかくなら効果的なマッサージを行いたいですよね。マッサージの効果を高めるポイントは以下の3つです。
①コップ1杯の水を飲む。
→リンパの濃度が薄まり流れが良くなります。
②入浴中、入浴後に行う。
→体が温まり血行が良くなるため、マッサージを行うのに最適です。
③リラックスした状態で行う。
→音楽、アロマなどでリラックスできる環境を作るとリンパが緩み、マッサージの効果が上がります。
―― リンパマッサージ【上半身編・下半身編】はいかがでしたでしょうか。全身をくまなくマッサージすることは大変ですが、気になるところをほんの少し触ってあげるだけでいいのなら、続けてできそうですよね。

マッサージの前にコップ1杯の水を飲むと◎

マッサージの前にコップ1杯の水を飲むと◎