中国地方は秋の長雨の時期に入っており、きのうから天気がぐずついています。
これからあす(18日)の昼前にかけては、広島県の西部と島根県を中心に激しい雨の降るところがあり、大雨になるおそれがあります。
あす正午までの24時間に、多いところは120ミリに達する見込みです。
土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に対して注意が必要です。

●18日にかけて活発な秋雨前線が西日本に停滞

一時的に太平洋高気圧の張り出しが強まっているため、西日本付近では秋雨前線が日本海側へと北上してきました。
これから今夜にかけて、秋雨前線は山陰地方に停滞したあと、あすの昼前には瀬戸内側へと南下する見込みです。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、これから活動が活発になるでしょう。

●中国地方の西部で断続的に雨雲が活発化

地上付近の風と雨の予報を見ると、きょう午後4時には中国山地の周辺で南からの風と北からの風がぶつかり合い、島根県から広島県の西部にかけて強い雨域が見られます。
あす午前6時には、風のぶつかり合う場所が瀬戸内側へと南下し、広島県の西部に強い雨域が予想されています。
豊後水道から湿った空気が流れ込む影響で、広島県の西部と島根県では周辺の地域に比べて雨の量が多くなる見込みです。
現在の予想以上に雨雲が発達した場合には、警報級の大雨になるおそれもあります。
雨雲の様子や今後の予想については、tenki.jpなどで最新の情報を確認するようにお願いします。