強い台風1号は暴風域を伴っています。1号で暴風域ができるのは2016年以来です。台風1号は18日(月)頃に沖縄の南へ進む予想です。

●台風1号で暴風域を伴うのは2016年以来

14日(木)9時、台風1号はフィリピンの東を西へ進んでいます。台風1号は強い勢力となっており、暴風域も伴っています。衛星画像でも眼が見えており、発達している様子が分かります。
なお、1号で暴風域ができたのは、2016年以来です。2016年は台風の発生が遅く、1号は7月に発生しました。
(暴風域とは、台風の周辺で、平均風速が25m/s以上の風が吹いているか、地形の影響などがない場合に、吹く可能性のある領域です。)

●台風1号の進路と影響は?

台風1号は、15日(金)から16日(土)にかけてフィリピンを進むでしょう。その後、暴風域はなくなるものの、進路を東よりに変えて、予報円の中心を通る場合、18日(月)に沖縄の南へ進む予想です。
沖縄は、18日(月)頃は、台風や湿った空気の影響で雨や風が強まる可能性もあります。今後も最新の台風情報にご注意下さい。
台風1号は、19日(火)には日本の南へ進み、熱帯低気圧に変わる予想です。