週末にかけて西日本を中心に大雨のおそれがあります。台風1号は週明けには沖縄の南へ。来週にかけて曇りや雨のすっきりしない天気が多くなりそうです。

●金曜日の天気

あす15日(金)以降は、きょう14日(木)のようなたっぷりの日差しはしばらくお預けになりそうです。あすは低気圧や前線が近づくため、西から天気は下り坂になるでしょう。九州は昼頃から雨が降り出し、夜を中心に雷を伴った激しい雨の降る所がありそうです。四国や中国地方、近畿は、午前中は晴れている所もありますが、次第に雲が広がるでしょう。夜は広い範囲で雨が降りそうです。東海や関東、北陸も昼頃まで日差しが届きますが、午後は雲に覆われるでしょう。雨雲は北陸の一部にかかってきそうです。東北と北海道は日中は晴れて、洗濯日和が続きそうです。

●土曜日・日曜日の天気

あさって16日(土)は大陸から日本付近にかけて前線が延びる見込みです。梅雨の時期に大雨をもたらすような暖かく湿った空気が西日本を中心に流れ込むでしょう。前線の活動によっては17日(日)にかけて雨量が多くなりそうです。九州では一日で100ミリを超えるほどの雨の降る所もあるでしょう。大雨になるおそれがありますので、注意が必要です。あらかじめ万が一の場合の避難場所を確認しておくようにしましょう。

●来週の天気

週明け以降は台風の動きにも目が離せません。18日(月)には台風1号が沖縄の南にまで北上してくるでしょう。その後、19日(火)には日本の南に達する見込みです。さらに日本海には低気圧、本州の南には前線が停滞し、雨の降る所が多くなるでしょう。20日(水)以降は晴れ間はあっても雲の多い天気が続きそうです。台風の動きによっては本州の南に停滞する前線の活動が活発になったりすることもありますので、今後も台風の動向に注意したほうが良さそうです。