きょう19日(木)、日本気象協会は桜の開花・満開予想を発表しました。九州は、桜の開花が最も早いのは福岡や熊本で3月21日、満開が最も早くなるのは福岡などで3月31日です。早ければ3連休中にも桜の開花の便りが届きそうです。

●桜の開花 今週末から開花スタート

桜の開花は、九州北部は平年並みで、九州南部は平年並みか平年より遅いと予想されます。九州は、これから開花の時期にかけても気温が高く、桜のつぼみが順調に成長する見込みです。福岡や熊本の開花予想日は3月21日(土)です。春の暖かな日差しに促されるように、桜のつぼみは順調に膨らんでいきそうです。

●桜の満開 4月上旬は多くの所で見頃に

桜の満開は、九州北部は平年並みで、九州南部は平年並みか平年より遅いと予想されます。九州は、桜が満開になる4月上旬にかけても高温傾向が続くため、桜の花は順調に咲き進む見込みです。福岡や佐賀、熊本の満開予想日は3月31日、鹿児島は4月7日です。桜が満開になってから散るまでの期間は一週間程度ですから、九州北部では4月上旬、九州南部では4月中頃まで綺麗な桜の季節となりそうです。

●1輪桜の花が咲いている所も

九州の各気象台の標本木は(19日午前中観測まで)、福岡や大分では1輪咲いている花があり、ピンクのつぼみもちらほら出てきているようです。熊本はピンク色に色づき始めたつぼみが4輪ほど出てきています。宮崎や鹿児島の九州南部はつぼみの成長がまだで、花が咲くにはもう少し時間がかかるようです。