きょう19日は全国的に暖かい南風が吹いて気温が上昇。最高気温はあちらこちらで今年一番高くなりました。大阪市や広島市では今年初めて20℃を超えました。

●今年一番の暖かさに

きょう19日は暖かい南風が吹き、午前中から日本海側を中心に気温がぐんぐん上がりました。最高気温はあちらこちらで今年一番高くなり、九州から関東、東北では20℃前後、北海道も13℃前後まで気温が上がりました。大阪市は22.0℃、広島市は20.7℃、新潟市は20.8℃、さいたま市は21.9℃、福島市は21.4℃と、いずれも今年初めて20℃以上に。米子市は24.4℃、富山市は24.1℃、福岡市、松江市、京都市、金沢市などでも23℃台と、汗ばむくらいでした。東京都心は22.0℃と8日ぶりに20℃を超え、青森市は18.8℃と今年初めて15℃を超えました。
※最高気温は午後3時までの値です。

●前橋で桜が開花

この暖かさで、春の便りが続々と届きました。前橋市は20.0℃まで上がり、桜が開花。甲府市ではすみれ、水戸市ではたんぽぽの開花が観測されました。さらに彦根市では、モンシロチョウやツバメが飛び、和歌山市ではトカゲが姿を見せました。

●あすは一転、北西風に

あす20日は南風から一転、北西の風に変わります。冷たい空気が流れ込んで、気温はきょうほど上がらないでしょう。北海道や東北北部では10℃に届かない所が多く、東北南部や北陸も12℃前後の予想です。関東は20℃くらいまで上がる所もありますが、東海から九州は16℃前後で、風がヒンヤリと感じられるでしょう。