北海道付近は、20日(金)から21日(土)にかけて低気圧が発達しながら通過する影響で、全般に西寄りの風が強まり、日本海側南部や太平洋側西部を中心に暴風となるでしょう。飛来物でけがをするなど、屋外での行動が危険な状態となる恐れがあります。また、海は日本海側南部や太平洋側西部で6メートル~8メートルの大しけとなるでしょう。暴風や高波に警戒し、最新の気象情報に注意してください。

●雨や高温による融雪にも注意

20日(金)は、未明から朝にかけて気温が高く、5度から10度の所が多いでしょう。そのため、広い範囲で雨が降り、局地的に雷を伴って強い降り方となる見込みです。20日(金)の正午までに降る雨の量は、胆振や日高地方など多い所で30ミリの予想です。まだ、積雪の多い地域があるため、融雪による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、傾斜地でのなだれに注意が必要です。日中は急速に寒さが強まり、午後は山間部を中心に湿った雪へと変わり、吹雪きで見通しの悪くなる所があるでしょう。21日(土)にかけて日本海側ではふぶく所があり、路面状況も変わりやすくなるため、車の運転にも注意してください。