27日月曜日から28日火曜日にかけて南岸低気圧の影響で、関東甲信地方では大雪となり、交通機関が乱れる恐れがあります。

●大雪に関する関東甲信地方気象情報

27日月曜日から28日火曜日にかけて、日本の南に停滞する前線上の低気圧が、本州の南岸をゆっくり東へ進む見込みです。また、関東甲信地方の上空約1500メートルには氷点下3度以下の寒気が流れ込むでしょう。
このため、関東甲信地方では27日昼過ぎから28日にかけて広範囲で雨や雪が降り、山沿いを中心に大雪となり、平野部でも積もる所がある見込みです。予想より気温が低くなった場合には、山沿いを中心に警報級の大雪となる恐れがあります。大雪による交通障害に注意・警戒し、ビニールハウスやカーポートの倒壊に注意して下さい。また、路面の凍結や電線、樹木への着雪にも注意が必要です。