週明け関東に出ている雪の予報。南岸低気圧の発達具合、寒気の南下状況で、2年ぶりに大雪の可能性も。

●雪の見通し(午後3時最新)

南岸低気圧の接近に伴い、関東地方でも27日月曜日の夜からは雨ではなく、雪が降り、大雪となる恐れがあります。大雪となる可能性が高い地域は、山梨県や長野県など甲信地方です。関東で本格的な雪になるのは丹沢山地から奥多摩、秩父にかけてと群馬の南西部です。群馬の平野部や栃木でも本格的な雪になるとみられます。気になるのが東京都心です。寒気の強さによっては、都心では27日夜から雪に変わり、28日朝にかけて積もる恐れがあります、最新の情報をよく確認しましょう。

●大雪に関する早期注意情報

水戸、銚子を除く関東甲信の各気象台は大雪に関する早期注意情報を発表しています。警報級の可能性があるのは、28日(火)は栃木、群馬、埼玉、東京、神奈川、山梨、長野。29日(水)は栃木です。
この早期注意情報は、災害への心構えを高める必要があることを示し、警戒レベルは1です。
今後、低気圧の接近・発達状況、上空の寒気のレベルによって、情報が更新されることが予想されます。
常に新しい情報を更新し、早めに行動できるよう心がけてください。