きょう4日は強い冬型の気圧配置が続くでしょう。日本海側では猛吹雪に警戒が必要です。たった1日で50センチもの雪が降る所も。一方、太平洋側は晴れて洗濯日和になるでしょう。

●北海道・東北の日本海側は猛吹雪に

きょう4日は、強い冬型の気圧配置が続き、上空には強い寒気が流れ込むでしょう。北海道や東北の日本海側を中心に雪が降る見込みです。西風が非常に強まり猛ふぶきとなりそうです。雪の降る量も多く、あす5日午前6時までの24時間に、多い所では50センチもの降雪がありそうです。大雪となるでしょう。猛ふぶきで視界が悪くなったり、さらに一気に雪の量が増えて車の立ち往生が発生したり、交通機関に影響が出るおそれがあります。車の運転などお出かけの際は十分に警戒してください。また北陸から中国地方にかけても雨や雪が降るでしょう。山沿いでは雪が降る見込みです。車でお出かけの際は冬装備をしっかり確認してください。

●太平洋側は晴れて空気乾燥

一方で、関東から九州は太平洋側を中心に晴れる所が多いでしょう。日差しがたっぷり届き、洗濯日和になりそうです。空気が乾燥しますので、火の取り扱いにご注意ください。東海など一部では雨雲の流れ込む所があるでしょう。

●最高気温 北海道では0度に届かず真冬日に

最高気温は北海道や東北ではきのうより5度から10度くらいグッと低くなりそうです。北海道では日中でも0度に届かない真冬日の所が多くなるでしょう。一方、晴れる太平洋側ではきのうと同じかやや高く、13度から15度くらいの所が多くなりそうです。ただ、西風や北風が強まりますので、寒さ対策はしっかりしてお出かけください。