週末にかけて強い寒気が居座ります。北海道や東北は一日中、氷点下の所も。関東も金曜から急に寒くなり、土曜は冷たい雨に。雪が交じる可能性もあり、真冬並みの寒さです。

●寒さ厳しい冬到来

きのうとは一転、きょう3日(火)の日本列島は冷たい空気に包まれました。最高気温はきのうより10度以上低くなった所もあり、西よりの風が強く吹いて、いっそう寒く感じられました。
北からは真冬並みの強い寒気が流れ込んでおり、6日(金)頃にかけて本州付近に居座ります。上の図のように、6日(金)には上空1500メートル付近で0度以下の寒気が日本列島の広い範囲を覆うでしょう。さらにマイナス6度以下の「平地で雪」の目安となる寒気が関東南部から北陸付近まで流れ込む予想です。

●寒さ続く どれくらい寒い?

週末にかけて全国的な寒さの底は、5日(木)から6(金)頃です。北海道や東北北部は昼間も凍える寒さで、北海道では広い範囲で最高気温が0度未満の「真冬日」となるでしょう。東北北部でも5日(木)には、一日中、氷点下の所が増えそうです。東北南部から九州にかけても日に日に寒さが増すでしょう。冷たい季節風が吹いて、体感温度はさらに下がりそうです。
朝の冷え込みも強まるでしょう。5日(木)と6日(金)は全国にあるアメダスの7割くらいの地点で霜が降りたり、氷が張ったりするくらいの冷え込みが予想されます。

●太平洋側は土曜に冷たい雨 関東は雪交じる?

太平洋側は雨が降る7日(土)に、寒さがさらに厳しくなります。特に関東では最高気温が10度に届かず、真冬並みとなるでしょう。未明から明け方の早い時間に雨が降り始めると、平野部でも一時的に雪が交じる可能性があります。傘を持つ手が震える寒さとなりますので、体を冷やさないよう、暖かくしてお出かけください。なお、雨の降る時間や強さ、雪になるかどうかは、最新の情報を確認してください。