東京地方では、木枯らし1号の発表がありませんでした。昨年に続き、2年連続です。2年連続で木枯らし1号の発表がなかったのは、統計がある1951年以降で初めてです。

●東京地方 木枯らし1号吹かず

東京地方では、木枯らし1号の発表がありませんでした。東京地方の木枯らし1号の条件は、
・期間は10月半ばから11月末までの間に限る
・気圧配置が西高東低の冬型となって、季節風が吹くこと
・東京における風向が西北西~北である
・東京における最大風速が、おおむね風力5(風速8m/s)以上である
気象庁は、これらを基本として、総合的に判断して発表しています。
木枯らし1号の発表期間である11月末までに、条件を満たす風が吹くことはありませんでした。統計がある1951年以降で、昨年2018年までに、発生しなかった年は5回(1959年、1962年、1977年、1979年、2018年)ありました。昨年も木枯らし1号の発表はなく、2年連続になります。2年連続で木枯らし1号の発表がなかったのは、統計がある1951年以降で初めてです。
木枯らし1号の発表はありませんでしたが、この先、日本付近は冬型の気圧配置になり、東京地方でも北風が強めに吹くことがあるでしょう。