あさって(29日)にかけて寒気が流れ込み、冬本番の寒さに。師走に入ると暖かい空気が流れ込むのとともに、雨や風が強まりそうです。

●強い寒気 北陸まで南下

あす28日(木)と29日(金)は西高東低の気圧配置となり、上空には強い寒気が流れ込んできます。平地で降れば雪になる目安の冷たい空気が北陸付近まで南下するでしょう。
【28日】太平洋側は天気の回復がゆっくりでしょう。朝にかけて雨の降る所が多く、日中も雲の多い天気が続きそうです。晴れ間はあっても気温が上がりません。暖かくしてお出かけ下さい。
日本海側は、北海道や東北で雪が降り、ふぶく所もあるでしょう。札幌は今シーズンは初めての真冬日(最高気温が氷点下)になりそうです。北陸から九州北部も明け方まで広く雨が降るでしょう。
【29日】太平洋側はおおむね晴れますが、風が冷たいでしょう。日本海側は雲が多く、雪の降る範囲は北陸まで広がりそうです。北陸からは初雪の便りが届くかもしれません。
【30日】日本付近は高気圧に覆われて、全国的に晴れるでしょう。紅葉狩りなど屋外のレジャーは天気を気にすることなく、楽しめそうです。ただ、穏やかに晴れる日の朝は冷え込みが厳しく、最低気温は全国の約5割の地点で氷点下、都心では霜がおりるほどの冷え込みが予想されています。

●発達する低気圧 全国的に雨

師走に入って早々に荒れた天気になる可能性があります。冬の寒さが一転して、暖かくなりそうです。
【12月1日(日)】低気圧が近づくため、天気は下り坂です。今のところ雨が降り出すのは、九州や中国・四国。東北や北海道も雪ではなく雨になる予想です。東海や関東は晴れ間があるでしょう。
【12月2日(月)】低気圧や前線が日本付近を通過し、全国的に雨や風が強まるでしょう。九州から関東では最高気温が15度を超える所が多く、季節は「冬」となる12月ですが秋の暖かさになりそうです。一足先に寒気が入る北海道は日本海側で雪が降り、再び積雪が増えるでしょう。
季節の変わり目で寒暖差が大きくなります。秋物と冬物、両方活用しながら気温差に対応しましょう。