きょう26日(火)は、北海道と東北は晴れるが、日本海側は束の間の日差しに。関東から九州は太平洋側を中心に日差しが控えめ。関東ではきのう25日(月)とは一転、年末年始ごろの寒さに。

●きょう26日 日差しはどこで? 傘はどこで必要?

きょう26日(火)は北海道や東北、北陸では天気が回復して、日中は晴れるでしょう。ただ、日本海側では、あす27日(水)から寒気の影響で、雪や雨の降る日が続きますので、きょうの日差しを有効にお使いください。
関東や東海は湿った空気の影響で、雲が広がりやすいでしょう。関東は昼頃まで、東海は今夜にかけて雨雲のかかる所がありそうです。雨の降り方は弱いですが、冷たい雨です。突然の雨に濡れて風邪をひかないよう、折りたたみの傘をお持ちください。
近畿から九州も太平洋側を中心に雲が多いものの、晴れ間があるでしょう。日中は雨が降ることはなさそうです。

●関東の最高気温 大幅にダウン かなり寒い

きょう26日(火)の朝は、きのう25日(月)の朝と比べると、グッと冷えています。きのう25日(月)の夜にかけて寒冷前線が本州付近を通過し、寒気が入ってきたからです。今朝は、北海道を中心に今季一番の冷え込みになっている所があります。北海道遠軽町生田原では氷点下11.8度まで下がっています(午前7時まで)。東京都心も7.7度(午前7時まで)で、きのうよりも大幅に低く、今季2番目の寒さになっています。
日中は関東や東海では日差しが乏しく、年末年始ごろの寒さになる所が多いでしょう。季節外れの暖かさになったきのうとは一転、日中も空気が冷たいままです。北よりのヒンヤリとした風も吹いて、体感的にはかなり寒く感じられるでしょう。冬物のコートにマフラーをするなど、暖かくしてお出かけください。