台風19号の接近に伴って、太平洋沿岸に高潮が発生し、12日には、関東から東海地方にかけて過去最高の潮位を記録した地点がありました。12日の満潮時刻は既に過ぎていますが、13日の4時から5時頃にかけて再び満潮を迎えるため、浸水などに引き続き警戒、注意が必要です。

●過去最高潮位を記録

台風19号の接近に伴って、太平洋側の沿岸には高潮が発生しました。この高潮による潮位偏差(天文潮位との差)が三宅島の坪田や静岡県の石廊崎で100cmを超えたほか、実際の潮位(天文潮位と潮位偏差を足したもの)は神奈川県の小田原、静岡県の石廊崎、清水港、御前崎などで過去最高の値を更新しました。

●台風による高潮とは

台風に伴う風が沖から海岸に向かって吹くと、海水は海岸に吹き寄せられて「吹き寄せ効果」と呼ばれる海岸付近の海面の上昇が起こります。吹き寄せによる海面上昇は風速の2乗に比例し、風速が2倍になれば海面上昇は4倍になります。また、台風が接近して気圧が低くなると海面が持ち上がります。これを「吸い上げ効果」といい、外洋では気圧が1hPa低いと海面は約1cm上昇します。このようにして起こる海面の上昇を高潮と呼びます。