台風19号は近畿地方に上陸する可能性は小さいものの、あす12日(土)は近畿地方でも大荒れの天気になる見込みです。また、台風が遠ざかる13日(日)にかけても、風の強い状態が続くため、引き続き注意が必要です。

●台風の中心から離れていても大雨

台風19号は、あす12日(土)の午後に最も近畿地方へ近づく見込みです。台風を取り巻く発達した雨雲は紀伊半島のすぐ南に迫っており、この雨雲が今夜には近畿南部、あすの未明から明け方にかけては、近畿の中部や北部にも広がってくる予想です。あすの近畿地方はほぼ一日雨で、局地的に1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。台風の中心に近い南部だけでなく、台風の中心から離れている近畿地方北部でも、北寄りの湿った空気が流れ込む影響で大雨のおそれがありますので、土砂災害や河川の増水、氾濫、低い土地の浸水に警戒が必要です。

●台風の中心から離れていても暴風

近畿地方は今夜、北部でも台風の強風域に入り、あすは暴風域に入る可能性があります。
台風19号は、非常に強い勢力で接近し、去年近畿地方に影響を与えた台風21号より大きいため、中心から離れて通っても、あすは広い範囲で非常に強い風が吹くおそれがあります。去年の台風21号の通過の際は、飛来物などが当たってガラスが割れるなどの被害もありました。外を歩くことはもちろん、車の運転も危険な状態になりますので、外出はなるべく控えて、安全な場所で過ごすようにしてください。また、近畿地方では北寄りの風が強まるため、日本海側の沿岸を中心に高潮に注意が必要です。現在、大潮で潮位の高い時期に当たり、より潮位が高くなりますので、海沿いでは浸水にも注意が必要です。

●13日(日)も強い風に注意

台風19号は13日(日)になると近畿地方から遠ざかりますが、台風の吹き返しの北風が近畿地方へ強く吹き込む見込みです。大陸から張り出す高気圧と台風との間で、気圧の傾きが大きくなり、13日も非常に強い風の吹くところがあります。局地的に強い吹きおろしの風が吹く恐れがありますので、13日も引き続き暴風や高波に警戒が必要です。また、北寄りの湿った空気が流れ込むため、近畿地方の北部を中心に雨が降る見込みです。引き続き土砂災害や河川の増水にご注意ください。