大型の台風19号は猛烈な勢力を維持したまま、小笠原諸島の父島付近を北上しています。12日(土)、13日(日)は日本列島の広い範囲で大雨や暴風に警戒が必要です。また、高波や高潮にも警戒してください。

●早くから海上では台風の影響が

台風19号はきょう(10日)午後3時現在、父島の南西約410キロの位置にあって。1時間に20キロの速さで北に進んでいます。その後、非常に強い勢力を維持しながら、12日(土)から13日(日)にかけて西日本から東日本に接近し上陸するおそれがあります。小笠原諸島ではすでに大雨警報と波浪警報が発表されていて、警戒が必要なほか、伊豆諸島でも今夜から高波に警戒が必要となるでしょう。また、あす(11日)からは西日本と東日本の太平洋側で高波に警戒が必要です。

●大雨・暴風の警戒期間

近畿では、あす(11日)から大雨に警戒が必要でしょう。また、12日(土)は東北から中国・四国地方の広い範囲で大雨に警戒してください。12日(土)正午までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多い所で、東海・近畿は300~400ミリ、関東甲信・伊豆諸島で200~300ミリ、四国で100~200ミリ、東北で100~150ミリとなっています。ただ、その後も台風本体の雨域がかかって大雨となるおそれがあり、雨量はさらに増える見通しです。厳重に警戒するとともに、市町村からの避難情報に注意して、早めに避難をするよう心掛けてください。また、暴風にも警戒が必要です。12日(土)から13日(日)にかけて、九州北部から北海道の広い範囲で暴風となるおそれがあります。台風の最新の情報を確認するようにしてください。

●台風19号 今後の動きは

台風19号は小笠原諸島の父島付近を北上し、12日(土)の午後3時には、非常に強い勢力で日本列島に近づく見通しです。その後、速度を上げて北東へ進み、13日(日)の午後3時までには日本の東で温帯低気圧に変わる見込みです。

●高潮にも注意・警戒

大雨や暴風、高波だけでなく、過去には台風で高潮の被害も発生しています。台風の接近と満潮時刻が重なると、潮位が高くなり、海水が堤防や防波堤を越えてくるおそれがあります。沿岸部にお住まいの方や、海沿いの道路を通行する際は、事前に気象の情報を得るようにしてください。