非常に強い台風19号は三連休を直撃する恐れがあります。地方ごとに暴風や大雨に警戒が必要な期間をまとめました。

●小笠原諸島は水曜から大しけ 沖縄も木曜から警報級の高波

非常に強い台風19号は、いったん猛烈な勢力へと発達した後、12日(土)には「非常に強い」勢力で紀伊半島沖まで進むと見られます。三連休は全国的に台風による風や雨の影響が大きくなり、大荒れや大雨となる恐れがあります。
小笠原諸島は9日(水)から風が強まり、海上は大しけとなるでしょう。台風の進路によっては10日(木)に大荒れの天気となるでしょう。沖縄や奄美では10日(木)から警報級の高波となる可能性が高く、11日(金)を中心に暴風が吹き荒れる恐れがあります。

●本州への影響は

関東から九州では11日(金)は高波の影響が大きくなるでしょう。また、沿岸部を中心に雨や風が強まる可能性があります。12日(土)は台風本体の発達した雨雲がかかる所があるでしょう。その後の台風の進路はまだはっきりしませんが、13日(日)にかけては九州から関東だけでなく、東北や北海道でも荒れ模様となり、雨の量が多くなることが考えられます。
なお、この記事は7日(月)午後5時の情報をもとに書いています。13日(日)以降の風や雨の影響については、8日(火)以降に確認してください。