日本の南を北上する超大型の台風10号は、明日14日から明後日15日にかけて暴風域を伴って九州や四国に接近・上陸し、西日本を縦断する予想です。
各地の大雨や暴風についての警戒期間と注意点をまとめました。

●警戒が必要な時間帯

超大型の台風10号は、明日14日から明後日15日にかけて暴風域を伴って九州や四国に接近・上陸し、西日本を縦断する予想です。
今回の台風は強風域が大きく、台風が接近する前から強い風が吹きます。台風が近づくと、さらに風が強まり、猛烈な風が吹く所がある予想です。
また、台風周辺の非常に湿った空気の影響で、台風が接近する前から紀伊半島や四国の太平洋側で激しい雨が降る所もありそうです。
【九州南部・奄美地方】
奄美地方と九州南部では、すでに風速15m/s以上の台風の強風域に入っている所があります。この後、台風の接近の伴い、さらに風が強まり、猛烈な風が吹く所もありそうです。
また、早い所では今夜から非常に激しい雨が降るでしょう。局地的に雷を伴う恐れもありそうです。土砂災害に厳重な警戒をしてください。
【九州北部・四国地方】
四国地方では、早い所では明日の朝から大雨に警戒が必要です。多い所では、15日12時までには1000ミリを超える雨が降る可能性があります。瀬戸内海に面した地域でも雨量が多くなる予想です。土砂災害に厳重な警戒をし、低い土地の浸水や河川の増水にも十分に警戒してください。
【中国地方・近畿地方】
早い所では14日夜遅くから雨、風に警戒が必要です。特に、紀伊半島を中心に非常に激しい雨が降り続き、総降水量が非常に多くなる恐れがあります。また、台風の強風域が大きいため、早い段階から風が強まるでしょう。
【東海地方】
台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になります。そのため、台風が接近する前の早い段階から雷を伴った非常に激しい雨が降るでしょう。三重県では14日昼前から非常に激しい雨が降り、夜には局地的に猛烈な雨が降る予想です。