きょう7日も、全国的に気温が上昇し、全国のおよそ8割のアメダス地点で30度以上の真夏日となり、190を超える地点で35度以上の猛暑日となりました。あす8日は、二十四節気の“立秋"。暦の上では秋を迎えるわけですが、暑さは衰え知らずで、猛烈な残暑が続く見込みです。

●予想最高気温(8日)

あすも全国的に猛烈でうだるような暑さが予想されます。主要地点の予想最高気温は以下の通りです。
38度:京都市
37度:甲府市、多治見市(岐阜)、奈良市、佐賀市、日田市(大分)
36度:熊谷市(埼玉)、前橋市、福井市、岐阜市、鳥取市、松山市、熊本市、福岡市
35度:大阪市、松江市、広島市、岡山市、徳島市、大分市、名古屋市
なお、あす8日も東北から九州北部地方・山口にかけて高温注意情報が発表されています(午後6時現在)

●聖地も猛暑日予想

球児たちが熱戦を繰り広げている聖地のある兵庫県西宮市はあす8日、35度と猛暑日が予想されます。朝から気温が高く、第一試合が始まる午前8時の段階で29度前後、午前9時前には30度に達すると見込んでいます。

●注意事項など

炎天下ではより熱中症のリスクが高くなります。屋外での作業や激しい運動はできる限り避けて下さい。また、日射の照り返しが強く、地面に近い所ほど、暑いですので、ベビーカーや犬の散歩も日中帯は避けましょう。室内でもカーテンで日射を遮ってから冷房を使用し、空気を循環させて、熱をためない心掛けが必要です。高齢者や乳幼児がいるご家庭では、こまめに水分補給をし、大量に汗をかいた場合は、塩分も合わせて摂っていただき、熱中症に対し十分な対策を行って下さい。