午後は全国的に大気が不安定で、西日本から東日本にかけて局地的に雨雲や雷雲が発達しています。この後も急な雨や落雷などに注意してください。

●きょう7日も大気不安定 午後から全国各地で雨雲が急発達

きょう7日は、全国的に気温の上昇で大気が不安定となっており、九州・四国・近畿、関東などで急激に雨雲が発達しています。
午後16時00分現在、関東甲信の山沿いや、福岡県や京都府、滋賀県などで雷を伴って局地的に激しい雨が降っています。

午後4時現在に観測された各地の1時間降水量は、長野県上田市で29.0ミリ、福島県南会津町で25.0ミリ、福岡県飯塚市で21.5ミリなどとなっています。
大気が不安定な状態は、夕方から夜にかけて続く見込みです。今後も局地的な激しい雨に注意が必要です。

●落雷も多発

また、各地で落雷も多発しています。
午後16時00分現在、北海道から沖縄にかけての広い範囲で「雷注意報」が発表されています。
ゴロゴロと聞こえたり、急に冷たい風が吹いたり、空が暗くなったら、雷雲が近づいているサインですので、頑丈な建物に移動して下さい。
また、竜巻などの激しい突風、ひょうなどにもご注意ください。