13日(土)から15日(月・海の日)にかけて、梅雨前線は九州付近に停滞し、活動が活発になる見込みです。九州は各地で雨量が多くなるおそれがあり、梅雨末期の大雨に注意・警戒が必要です。

●13日(土)の天気

13日(土)は、梅雨前線が九州の南岸付近に延び、夜にかけて九州北部付近まで北上する見込みです。九州は広い範囲で雨が降り、夕方から夜は発達した雨雲も通過し、雷を伴い局地的に激しい雨が降るおそれがあります。

●14日(日)の天気

14日(日)は、活発な梅雨前線が九州付近をゆっくりと南下し、九州南部を中心に大雨のおそれがあります。
九州北部は初め雨が降りますが、日中次第に天気が持ち直す所が多くなるでしょう。熊本県や九州南部は雨が続き、雨量は多い所では150ミリを超えて大雨になるおそれがあります。

●15日(月)海の日の天気

15日(月・海の日)は、梅雨前線は九州南岸付近に停滞するでしょう。九州南部は雨が続き、さらに雨量が多くなる見込みです。
九州北部の天気は小康状態で、雲が多いながら晴れ間ものぞくでしょう。福岡では、15日早朝に博多祇園山笠のクライマックス「追い山」があり、祭りはフィナーレを迎えます。15日は、福岡の天気は持ち直し、追い山見物にはよさそうです。
13日(土)から15日(月)の3連休は、九州は梅雨前線の影響を受けやすく、梅雨末期の大雨に警戒が必要です。おでかけなどの予定は最新の気象情報を確認して計画をたてましょう。