12日(金)は、東海では、気温急上昇。3連休初日の13日(土)は、関東や東北の太平洋側も、急な暑さに注意。14日(日)から15日(月)は、九州から関東で局地的に激しい雨も。

●あすの天気

12日(金)は、日本海の低気圧は、ゆっくり北東へ進む見込みです。東海沖の低気圧は東へ進むでしょう。

沖縄は、雲が多いながらも日差しが届くでしょう。
九州、四国、近畿の太平洋側では、向こう一週間で、最も晴れ間がでやすい日です。スッキリ晴れる所は少ないですが、貴重な日差しを洗濯など有効にご活用下さい。
中国地方や近畿の日本海側は、雲が多いでしょう。
東海や関東には、昼過ぎにかけて雨雲がかかる見込みです。東海では、雷が鳴り雨が激しく降る所があるでしょう。関東でも、朝は所々で本降りの雨になる見込みです。
北陸、東北は、南風または南西の風が強めに吹くでしょう。北陸は雲が多く、東北では雨が降ったり止んだりでしょう。
北海道は、次第に南風または南東の風が強まり、昼頃から雨雲がかかる見込みです。道南では夕方以降、局地的に雷が鳴り、強い雨が降るでしょう。
東海では、最高気温は30度くらいの予想で、前日(11日)より5度ほど高くなる見込みです。急な気温の変化で、体調を崩さないようお気をつけ下さい。

●あさって以降の天気

13日(土)は、関東や東北の太平洋側で、急に暑くなります。特に関東では、気温の上がり方が早く、平野部では朝に25度を超える所が多いでしょう。日中は内陸を中心に30度くらいまで上がる見込みです。7月としては涼しい日が続いていただけに、身体が暑さについていくのは大変です。冷房を使用するなど、熱中症対策が必要です。
また、関東では、午後は上空の気圧の谷の通過で大気の状態がやや不安定になる見込みです。山沿いで、にわか雨や雷雨があるでしょう。平野部でも一部で雨雲が湧くかもしれません。

梅雨前線は、13日(土)に大陸から九州付近まで延び、さらに14日(日)には、本州付近付近にまで延びる見込みです。18日(木)頃にかけて本州付近に停滞するでしょう。14日(日)から15日(月)にかけては、前線上の低気圧が、本州付近を東へ進む見込みです。九州から関東に発達した雨雲がかかるでしょう。低気圧は、比較的動きが早いため、雨雲がかかり続けることはない見込みです。ただ、局地的に短い時間で一気に道路が川のようになるような雨が降る可能性があります。